草茂みベースボールの道白しBACK NUMBER

新庄の敬遠球サヨナラ打を呼んだ、
野村克也と“一番弟子”の絆。

posted2020/03/11 11:50

 
新庄の敬遠球サヨナラ打を呼んだ、野村克也と“一番弟子”の絆。<Number Web> photograph by Kyodo News

阪神監督時代の野村氏。柏原(右)は1999年から3年にわたって「師匠」の政権を支えた。

text by

小西斗真

小西斗真Toma Konishi

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 3月11日は東日本大震災から9年が経つと同時に、野村克也氏が亡くなって初めての月命日である。

 野球界の大きな星がまた1つ墜ち、何人もの盟友や愛弟子がその死を悼んだ。

 生前の野村氏が「南海の3悪人」と呼んだ江本孟紀、江夏豊、門田博光の3氏やヤクルトならID野球の申し子・古田敦也氏、阪神では投手に挑戦させた新庄剛志氏に、楽天では「マーくん、神の子、不思議な子」と言われた田中将大などなど。

 12人の現役監督のうち、実に6人もが1度は野村監督の下でプレー経験があるというのだから、野村流の「無視・称賛・非難」を浴びつつもたくさんの人間が影響を受けたはずだ。

 ところが、数え切れない追悼記事の中で、メディアにほとんど登場していない教え子がいる。いや、むしろ出会った時期や濃密な関係性からいえば、一番弟子といっても過言ではないし、おそらくは野村克也を最も敬愛する弟子でもある。

最後はサッチーのお別れの会だった。

「断ったからではなく、取材されなかったからだよ。朝、ニュースで知りました。最後にお目にかかったのがサッチー(沙知代夫人)のお別れの会だった。少し元気がないなとは思ったけど、まさか……」

 柏原純一氏が南海に入団したのは1971年。野村氏が選手兼監督となって2年目のシーズンだった。

 八代東(熊本)では典型的なエースで4番。外野手としてプロ入りした当時、どんな選手だったのか。数多い野村氏の著作集の中でも、初期の『敵は我に在り』にはこんなエピソードが書かれている。入団直後の1月のトレーニングでのことだ。

【次ページ】 テスト生だった自分と重ねて。

1 2 3 4 NEXT
野村克也
柏原純一
江夏豊
南海ホークス
新庄剛志
阪神タイガース

プロ野球の前後のコラム

ページトップ