マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

パの新人王に推す、狂気の右投手。
津森宥紀を3位で取れたSBの幸運。

posted2020/03/11 11:40

 
パの新人王に推す、狂気の右投手。津森宥紀を3位で取れたSBの幸運。<Number Web> photograph by Kyodo News

津森宥紀のリリーフ適性はいかにも高い。大学投手として9人目、という評価を覆すチャンスは多いにある。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 2019年秋のドラフト会議でのことだ。

 1位指名の12人で、大学生投手は森下暢仁(明治大)だけが指名されただけだったのに、2位では「学生投手」が次々に名前を呼ばれる。

 2位が始まってすぐに吉田大喜(日本体育大)がヤクルトに、直後に、橋本侑樹(大阪商業大)が中日に、坂本裕哉(立命館大)がDeNAに、関西学生球界を代表するサウスポーが続けて指名され、さらに、3位の折り返しでは、独立リーグ1年目のサイドハンド・松岡洸希(埼玉武蔵ヒートベアーズ)までが指名された。それなのに、あのとんがった「サイドハンド」の名前がなぜ挙がらないのか?

 そう思った途端に、やっと出てきた。

 第3回選択選手、福岡ソフトバンクホークス、津森宥紀、21歳、投手、東北福祉大学。

 3位指名なら「上位」なのだろうが、「大学生投手」というカテゴリーで考えれば“5人目”。そんなもんか……? と首をひねった次の瞬間、ソフトバンクがまた儲けたな、と感心したものだった。

オープン戦で走っていたまっすぐ。

 キャンプのブルペンで張りきり過ぎてパンクしなければよいが、そんな心配をよそに、宮崎での1カ月を「A組」で乗り切った津森宥紀。

 3月7日、DeNAとのオープン戦で3試合目のマウンド。

 8回1死からの登板で、桑原将志、新外国人・オースティンという2人の右打者をわずか4球で、ドン詰まりの内野ゴロと内野フライに打ち取ってみせた。

 おそらく、4球ともまっすぐ。自慢のベストボールでガンガン勝負にいって、うるさい桑原と、前の打席でオープン戦4弾目を放ったオースティンに、「自分のスイング」を許さなかった。

【次ページ】 表示以上の速度を感じる球威。

1 2 3 NEXT
津森宥紀
東北福祉大学
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ