オリンピックへの道BACK NUMBER

マラソン代表、一山麻緒の原動力。
ポジティブシンキングと鬼メニュー。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byKYODO

posted2020/03/09 11:50

マラソン代表、一山麻緒の原動力。ポジティブシンキングと鬼メニュー。<Number Web> photograph by KYODO

名古屋ウィメンズマラソンで2時間20分29秒をマークし優勝した一山麻緒。東京五輪の代表に決まった。

華やかな成績とは無縁の存在だった。

 もともと地道に力を蓄え、歩を進めてきた選手だ。

 高校時代は、3年生のときに全国高校総体の1500m、3000mに出場したが予選落ち。それがめぼしい成績と言えるくらい、華やかな成績とは無縁の存在だった。

 それでもワコールの先輩である福士加代子に憧れ、自身もマラソンを、と目標を持ち、入社後、駅伝などでスピードに磨きをかけ、着実にステップアップしてきた。

 MGCではゴールまでスピードを保てなかったが、地力を確実につけることができたレース後の取り組みも、これまでの歩みを想起させる。

女子に向いていない厚底シューズが武器に。

 また、女子には筋力の面で決して向いていないと言われ、男子ほど浸透していないナイキの厚底シューズを2月から履いてきた。この日も、最新モデルを上位の選手では唯一、使用している。

 大きなストライドゆえに筋力があり、またさらに鍛えたことで、武器として生かせるようになったのだ。

「中学生くらいから出たいとぼんやり思っていて、実業団で近い位置まで来ることができて。思っていたことを手にすることができたのはうれしいです」

 という東京五輪への抱負として、こう語る。

「もう一段、質の高い練習をして、日本代表として、恰好いい走りができたらと思います」

 内容とタイムで、十分、世界上位で戦える可能性を感じさせた一山は、大舞台を明るく見据える。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3
一山麻緒
松田瑞生
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ