オリンピックへの道BACK NUMBER

マラソン代表、一山麻緒の原動力。
ポジティブシンキングと鬼メニュー。

posted2020/03/09 11:50

 
マラソン代表、一山麻緒の原動力。ポジティブシンキングと鬼メニュー。<Number Web> photograph by KYODO

名古屋ウィメンズマラソンで2時間20分29秒をマークし優勝した一山麻緒。東京五輪の代表に決まった。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

KYODO

 圧巻の勝利だった。

 3月8日、東京五輪マラソン女子日本代表の最後の選考大会、名古屋ウィメンズマラソンが行なわれた。

 優勝したのは一山麻緒。タイムは日本歴代4位であり国内レース最高となる2時間20分29秒。1月の大阪国際女子マラソンで松田瑞生が記録した2時間21分47秒を上回り、代表の座をつかんだ。

「今日みたいな日が来るのが夢でした」

 レース後、喜びを率直に表した。

速さと強さを見せつける勝利。

 気象条件には恵まれなかった。雨が降り、肌寒さを感じるコンディションの中、一山は先頭集団でレースを進める。

 ペースメーカーが設定通り、1キロあたり3分20秒のペースを保ち、推移する。

 レースが動いたのは30キロ過ぎだった。

 給水したあと、一山がスピードを上げて飛び出す。海外の選手も振り切り単独トップに立ったのだ。

 失速することなく、そのままトップでゴール。速さと強さを見せつける勝利だった。

 狙い通りの走りだった。30キロ過ぎの給水で毎年レースが動くと陣営からアドバイスを受けていた一山は、「(給水を)取り遅れて海外の選手と差が出るより、いちばんで給水を取って勝負していく方がスムーズにレース展開できる」と考えていた。

 そして30キロからが本当の勝負であるとも思っていた。

【次ページ】 五輪代表へのハードルが上がっても……。

1 2 3 NEXT
一山麻緒
松田瑞生
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ