フィギュアスケートPRESSBACK NUMBER

宇野昌磨とランビエルの以心伝心。
ようやく言えた「自分に勝ちたい」。

posted2020/03/02 08:00

 
宇野昌磨とランビエルの以心伝心。ようやく言えた「自分に勝ちたい」。<Number Web> photograph by Ryota Hasebe

ランビエル氏に送り出される宇野昌磨。見事にチャレンジカップで優勝を果たした。

text by

長谷部良太

長谷部良太Ryota Hasebe

PROFILE

photograph by

Ryota Hasebe

 2月22日にオランダのハーグで行われたチャレンジ杯、男子フリー。最終滑走で『Dancing On My Own』を演じ終えた宇野昌磨は、すぐさま後ろを振り返った。目当ての相手と視線が合い、思わず吹き出すような感じで笑う。

「練習であんな演技1回もしたことなかったので。自分もびっくりしましたけど、ステファンどんだけ驚いているだろうな、っていう思いで後ろ振り返って」

 リンクサイドには、今大会から正式なコーチとして同行するステファン・ランビエル氏がいた。2006年トリノ五輪銀メダリストで、2度の世界選手権王者。観客へのあいさつを終えて戻ってきた教え子の元に駆け寄ると、新コーチは両腕でぎゅっと抱き締め、何か声をかけた。

 キス&クライでは互いの右手をがっちりと合わせ、演技内容を振り返りながら得点が出るのを待つ。198.70点。2人とも、納得したようにうなずいた。今大会の記録は非公認ながら、フリーと、前日のショートプログラム(SP)との合計点はともに自己ベストを上回った。

 優勝が決まり、立ち上がった後で再び抱き合うと、コーチは宇野の左手を取って高く掲げ、観客の大歓声に応えさせた。

 よく目にする、競技後のフィギュア選手とコーチのほほえましいやり取りだった。

数カ月前まで欠けていた「普通」。

 わずか数カ月前の宇野には、この「普通」が欠けていた。メインコーチを置かない異例の体制でスタートしたシーズン。練習がうまくいかず、昨年11月のグランプリ(GP)シリーズ・フランス杯ではSPで得意のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を転倒するなど4位と出遅れ、フリーではトリプルアクセルで2度も転んだ。

 フリーの演技後、振り返るべき相手もいない宇野はその場に立ち尽くし、呆然とした表情を浮かべた。1人で座ったキス&クライ。観客から励ますような大声援を受けると、膝に顔をうずめる。

 やや遠くにいた筆者がスチールカメラの望遠レンズ越しに見たのは、泣き顔だった。ふがいない演技にもかかわらず温かい声援を受け、感謝で胸がいっぱいになったのだという。

 後になって、宇野はこの大会の演技内容を「本当にどん底だった」と振り返っている。

【次ページ】 2人の相性の良さは容易に分かる。

1 2 3 4 NEXT
宇野昌磨
ステファン・ランビエル

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ