野球クロスロードBACK NUMBER

名前を変えた理由は「ノリっす!」。
楽天・山崎幹史は三木チルドレン。

posted2020/02/24 09:00

 
名前を変えた理由は「ノリっす!」。楽天・山崎幹史は三木チルドレン。<Number Web> photograph by Genki Taguchi

日章学園高、国学院大を経て、2017年ドラフト3位で楽天に入団した山崎幹史。その走力で一軍メンバーの座を手に入れるか。

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph by

Genki Taguchi

「幹」と書いて「つよし」とも読む。

 楽天の山崎剛は、今季から登録名を「山崎幹史」へと変更した。

 この決断に、山崎は「ノリっす、ノリ!」と、あっけらかんと答えたが「そんな簡単に登録名を変えないでしょ」と食い下がると、名に込めた想いを教えてくれた。

「強くなりたいなって。野球って体幹とか、いろんな部分で『幹』が大事じゃないですか。だから、その文字を入れたかったんですよ」

 プロ野球選手にとって登録名を変えることとは、それまでの自分を変えるための「心機一転」や「勝負の1年」といったように、大きな意味を持つ。

 山崎に関しては、後者の色が強い。

 プロ3年目。これまでの一軍出場は通算で49試合と目立った成績を残していない。その山崎が今季、首脳陣から大きな期待を寄せられているのだ。

求める野球を体現できている成長株。

 その筆頭が、昨年まで二軍監督を務めていた三木肇監督だ。

 三木は「期待する選手は?」といった質問を嫌う。なぜなら、指導者として選手全員の活躍を願うのは当然であり、彼自身、そこで名を挙げることで、差別や区別をしたくないといった配慮を持っているからである。

 二軍監督を務めていた昨年のことだ。

――期待するのは当然として、監督が求める野球を体現できている成長株を挙げれば?

 質問の趣旨を変えて尋ねると、三木が真っ先に口にした選手が山崎だった。

「ファームでずっと試合に出ながら、打席の内容や走塁面も、コツコツと努力を重ねていった選手のひとりだったね」

【次ページ】 主導権を握るための「構え」とは。

1 2 3 4 NEXT
山崎幹史
東北楽天ゴールデンイーグルス
三木肇

プロ野球の前後のコラム

ページトップ