JリーグPRESSBACK NUMBER

鹿島が失ったACLのタイトル。
「決勝戦に負けたのと等しい」 

text by

寺野典子

寺野典子Noriko Terano

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/01/29 11:55

鹿島が失ったACLのタイトル。「決勝戦に負けたのと等しい」<Number Web> photograph by Getty Images

こののスタメンで生え抜き選手は土居聖真ただ1人だった。鹿島は変わっていく、しかし変わってはいけないものもあるはずだ。

鹿島の栄養はタイトルそのものである。

 2001年のチャンピオンシップ第1戦。ジュビロ磐田に2点リードを許しながら、後半に2点を決めてドローで終えると、第2戦では延長戦の小笠原満男のVゴールで王者になった。

「僕らは華麗なサッカーをしていると言われるけれど、勝つのは鹿島」と磐田の藤田俊哉が悔やんでいた姿は今も忘れられない。

「タイトルがクラブの栄養だ」と鈴木は話していた。その栄養を得るために鹿島は変わろうとしている。その先がどうなるのか。ACLがなくなったことで、チーム作りの時間が生まれたと考えることもできる。

 シュートが決まっていれば、勝てた。確かにそれも事実だ。しかし、負けてしまった。

「不甲斐ない。でもこれが僕たちの実力。目をそらしちゃいけない。逃げずに、できるだけタイトルをとり、最後には大きく成長した姿を示したい。逃げずにやり続けたい」

  三竿の言葉がすべてだろう。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
内田篤人
三竿健斗
小笠原満男
鹿島アントラーズ
土居聖真

Jリーグの前後の記事

ページトップ