“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

湘南内定から一転、スイス移籍へ。
18歳FW若月大和の野望、独占告白。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2020/01/28 19:00

湘南内定から一転、スイス移籍へ。18歳FW若月大和の野望、独占告白。<Number Web> photograph by Takahito Ando

悩みながらも欧州移籍を決断した高校3年・若月大和。世界も注目するスピードスターはどんな道のりを歩んでいくのか。

まずは言葉。市場価値を自分の力で。

「海外リーグのイメージは『自分』というものを持っている選手が多い。そこで自分を強く出すことができれば、かなりチャンスはある。そのチャンスを掴むか、掴まないかは自分次第です。

 まずは言葉。コミュニケーションは一番大切だと思うので、そこは早くできればいろんな勉強をして、向こうの選手とコミュニケーションがとりたい。体得するまでは言葉でコミュニケーションが取れない以上、自分を最大限にアピールして、向こうに若月大和という存在を示さないといけないと思っています。

 あと、喋れなくても、練習に入った自分の要求を強気でいっぱいして、相手の要求もしっかりと聞いて。そういうところで信頼関係を早く築きたい。

 そのためには遠慮していたり、ビビっていたらもったいない。自分から行かないと、絶対に心は開いてもらえないと思う。自分に投資をしてくれるクラブがある以上、そこでしっかりと結果を出せば、市場価値は自分で上げられる。それが自分に対する誇りと責任だと思っています」

 いざ、旅立ち。

「両親はどんな時も僕の意向を尊重してくれた。(桐生第一の)田野(豪一)監督も僕のために何度も話し合ってくれた。ベルマーレの牛島さんも本当に親身になって考えてくれたし、サポーターの皆さんも、海外移籍の可能性があると報じられた時も温かい声をかけてくださった。本当に多くの人たちに支えられたからこそ、スイスに行けることは忘れないでいたいです。恩返しは活躍してステップアップすること。シオンの15番として、ベルマーレの27番として、自分のために頑張って、結果で周りの人を笑顔にしたいです」

 夢見る18歳。厳しい現実を受け入れる覚悟を持った18歳。

 すべては自分次第だと、目標と夢に向かってまっすぐに走り続ける。どんな時も折れないチャレンジ精神とそのスピードで。

関連記事

BACK 1 2 3 4
若月大和
湘南ベルマーレ
桐生第一高校
FCシオン

Jリーグの前後の記事

ページトップ