バスケットボールPRESSBACK NUMBER

優勝を確信したのは残り0.8秒──。
天皇杯、SR渋谷の壮絶な全員バスケ。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2020/01/14 20:00

優勝を確信したのは残り0.8秒──。天皇杯、SR渋谷の壮絶な全員バスケ。<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

チャールズ・ジャクソンとどちらを起用するか伊佐HCも迷ったそうだが、期待に応えて活躍したセバスチャン・サイズ(2番)。

ジャクソンは「オレはハッピーだよ」。

 ベンチで40分を過ごしたジャクソンは、しかし、こう考えている。

「オレにはオレの役割が、コーチにはコーチの仕事がある。で、オレたちがつかんだのは勝利だ。コーチの『グレイトな』決断だったと思う。オレはハッピーだよ。チームメイトのことを信じて、優勝したんだから」

「優勝したからこそ、他のチームが必死で来るでしょうから、これからが大変ですよ」と謙虚に語る伊佐は、睡眠時間が短かったにもかかわらず、良い決断をできた要因について、もう1つだけ挙げている。

「以前、bjリーグで琉球ゴールデンキングスにいたときに4回(HCとしては2回)優勝させてもらっています。当時の有明(コロシアム)でのファイナルの経験というのが、今回の天皇杯で活きましたね。

 HCとして初めてのファイナルだったらもっと緊張していたと思うのですが、今回は緊張もなく。そういった意味では、キングスにいたときに経験させてもらったことはとてもありがたかったです」

 これから渋谷はアウェーでの対戦が数多く続いていくことになる。次の本拠地での試合は、2月1日、琉球ゴールデンキングス戦である。

 琉球には渋谷区渋谷で生まれ育った木村達郎社長がいて、昨季の渋谷のキャプテン満原優樹がいる。そして琉球は、渋谷の伊佐HC、浜中ACに加え、山内盛久と渡辺にとっての古巣でもある。

 そのとき、令和初の王者となって獲得した天皇杯が、青山学院記念館でお披露目されることとなる。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6 7
サンロッカーズ渋谷
石井講祐
関野剛平
伊佐勉
ライアン・ケリー
チャールズ・ジャクソン
セバスチャン・サイズ
盛實海翔
渡辺竜之佑
浜中謙
山内盛久

バスケットボールの前後の記事

ページトップ