フランス・フットボール通信BACK NUMBER

第1回目のレフ・ヤシン賞の受賞者。
リバプールGK、アリソン独占取材! 

text by

パトリック・ソウデン

パトリック・ソウデンPatrick Sowden

PROFILE

photograph byBenjamin Schmuck/L'Equipe

posted2020/01/15 15:00

第1回目のレフ・ヤシン賞の受賞者。リバプールGK、アリソン独占取材!<Number Web> photograph by Benjamin Schmuck/L'Equipe

『フランス・フットボール』誌の取材を受ける、レフ・ヤシン賞の第1回受賞者のGKアリソン。

同様に僕はブフォンやノイヤー、タファレルも尊敬。

――しかし欧州CLにおいて、ナポリとのグループリーグ最終戦でミリクの決定的なシュートをあなたがストップしなかったら、リバプールのラウンド16進出はありませんでした。

「パリSGとナポリ、ツルベナ・ズベズダという厳しいグループに入り、たしかに敗退していてもおかしくはなかった。それがナポリ戦(1-0の勝利)の後で何かが変わった。

 その後の戦いも簡単ではなかった。バイエルンとのラウンド16はホームで0-0の引き分け、第2戦はアウェーでやるべきことをすべてやり勝利(3-1)を収めることができた。ポルト戦は相手に一切のチャンスを与えなかった(2-0、4-1)が、バルサとの準決勝は第1戦を0-3で失い、第2戦の前半終了時点ではもう駄目だと誰もが思っただろう。

 だが、クラブには困難を乗り越えてきた経験があった。僕自身にもローマでの経験があった。覆せると信じていたしその通りになったわけだ」

●レフ・ヤシン(元ソビエト連邦代表GK。GKとして史上ただひとりバロンドールを受賞し、レフ・ヤシントロフィーの名称にもなっている)

「偉大な選手であり、このトロフィーの名前になっているということ以外は実は良く知らない。ただ、メッシやクリスティアーノ・ロナウドのような選手たちと競争しながら、GKがバロンドールを獲得するのはもの凄く大変だ。

 それだけでも凄いことだが、同様に僕はブッフォンやノイアー、タファレルも尊敬している。もちろん兄もだ。GKの仕事がどんなものか、テア・シュテゲンやオブラク、エデルソンらが何をやってきたかもよく分かっている。

 GKはそれ自体が表彰されるに値する。だからこのトロフィーを獲得できたことを心から誇りに思っているよ」

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
リバプール
アリソン
ムリエウ・ベッカー
ジダ
クラウディオ・タファレル
モハメド・サラー
ユルゲン・クロップ
エデルソン
リオネル・メッシ
レフ・ヤシン

海外サッカーの前後の記事

ページトップ