欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

大迫勇也とブレーメンは大丈夫か。
EL狙いが一転、悪夢の残留争い。 

text by

中野吉之伴

中野吉之伴Kichinosuke Nakano

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/01/08 11:50

大迫勇也とブレーメンは大丈夫か。EL狙いが一転、悪夢の残留争い。<Number Web> photograph by Getty Images

苦しむブレーメンを救えるか。2020年の大迫勇也はまずそのタスクに挑むことになる。

ファンはあくまでポジティブ。

 初心を取り戻し、覚悟を決めて、戦う集団となる。

 どんなときでも、揺るぎない信念で応援してくれるファンがいるではないか。どれだけ絶望的な試合をした後でも、罵声を飲み込んでくれた。ホームでマインツに0-5の完敗を喫したときも拍手を送っていた。

 ファンのリアクションに対して、キャプテンのモイサンデルは「ゴール裏にはみんなでしっかりと謝りに行こうと向かったんだ。恥ずかしい試合をしてしまったのに、ファンのポジティブな反応は素晴らしかった。今日の俺たちは声援を受けるのに相応しいプレーができなかったのに……」と、感謝の思いで胸がいっぱいになっていた。

 ブーイングではなく拍手を送った姿勢に対し、「だからブレーメンは降格するぞ」と揶揄する他クラブのファンがいる。

 しかし、ブレーメンファンは胸を張ってこう返す。「この関係性があるからこそ、ブレーメンは残留するんだ」と。

 ここまで信頼されて、ここまで支えられて、このまま終わってたまるか。ここからどのように立ち上がるのか。ブレーメンは力強い反発力で後半戦の巻き返しに燃えている。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4
大迫勇也
ブレーメン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ