Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<現地インタビュー>
石川祐希「僕がイタリアで戦う意味」

posted2020/01/07 18:00

 
<現地インタビュー>石川祐希「僕がイタリアで戦う意味」<Number Web> photograph by Itaru Chiba

text by

石井宏美

石井宏美Hiromi Ishii

PROFILE

photograph by

Itaru Chiba

昨季、世界最高峰リーグでプロとして戦った手応え。それはあまりにも大きな経験と財産になった。エースが描くプロ2季目、その先の未来図とは。(Number993・994号掲載)

「いろいろな国の選手がいる中での生活は新鮮だし、新たな発見もありますね」

 イタリアでのプレーも5シーズン目。現地の生活にも慣れ、楽しんでいるようだ。

 今秋行われたワールドカップバレーボールで日本代表は目標としていたメダルには届かなかったが、28年ぶりに4位入賞を果たした。前回のW杯も経験しているエース石川祐希は複数のブロックに付かれても、苦しい場面でトスが上がっても打ち抜き、得点を積み重ねた。全体5位となる159点を挙げ、スパイク決定率も52.09%の高い数字を残した。スパイクの総数263本はチーム内で最多。守備面でも貢献した。

 さらに、試合の流れが悪くなりかけると最年少の西田有志に、「思い切りプレーしろ」と声をかけるなど、随所でチームメイトを鼓舞する姿が見られた。プレー面はもちろん、精神面でも大きな支柱となっていた。

 今季は代表の始動時から、チームのためになることは、厳しい言葉であっても発言してきた。たとえば始動初期のこと。「今季の目標は(W杯で)ベスト8」という中垣内祐一監督の言葉に、「それはちょっと低すぎます」と指摘したという。

「シーズンを通して選手とスタッフの目標に違いがあるとチームはうまく回りません。目標を達成するためには意思統一しないと無理ですから。そう発言することは、僕の中ではスタンダードになっていますね」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2956文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

桜の告白。ラグビー日本代表冒険記2019

Sports Graphic Number 993・994

桜の告白。
ラグビー日本代表冒険記2019

 

石川祐希
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後の記事

ページトップ