フィギュアスケートPRESSBACK NUMBER

鍵山優真と佐藤駿。ジャンプと表現、
フィギュア次期エースを争う闘い。

posted2020/01/02 20:00

 
鍵山優真と佐藤駿。ジャンプと表現、フィギュア次期エースを争う闘い。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

氷上ではライバル、リンクを降りればよき友、という関係の鍵山(左)と佐藤。演技後、お互いを称え合う姿をこれまでも見せてきた。

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 羽生結弦と宇野昌磨の闘いに注目が集まった2019年全日本選手権。しかしもう1つの熱いエース争いが繰り広げられていた。

 それは日本男子の未来を背負う2人、鍵山優真と佐藤駿だ。演技の鍵山とジャンプの佐藤と呼ばれ、お互いを刺激しあってきた2人が、化学反応を起こすように才能を爆発させた。

 2人とも高校1年生の同学年。スケート年齢としては鍵山のほうが1年上だが、先に話題を集めていたのは佐藤のほうだった。

「ジュニアにすごいジャンプを跳ぶ子がいる」

 佐藤は仙台出身。子どもの頃から「羽生結弦さんは神」と言って、暇さえあれば羽生のジャンプ動画をネットで観て、研究し、イメージトレーニングをする。

 幼稚園時代に羽生からもらったペンダントをお守りに、「僕はジャンプを得意にする」と言い切って、13歳でトリプルアクセルを成功、14歳で4回転トウループを降りた。

 関係者の間では「羽生2世。ジュニアにすごいジャンプを跳ぶ子がいる」と言われてきた。

 一方の鍵山は、いわゆるサラブレッド。

 父は2度の五輪に出た鍵山正和氏で、なめらかなスケーティングと、膝の柔らかさを生かした「猫足着氷」と呼ばれたジャンプ、そしてリズミカルなステップが持ち味だった。

 父の影響でスケートを始め、父の指導のもと、徹底的に基礎を磨く。佐藤のように目立つ成績は残さなかったが、「お父さんにうりふたつ。ジュニアなのに綺麗に滑る」という評判を得てきた。

【次ページ】 憧れの選手は、佐藤は羽生、鍵山は宇野。

1 2 3 4 5 NEXT
鍵山優真
佐藤駿
羽生結弦
宇野昌磨
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ