スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

早稲田ラグビー部“Reborn”計画。
明治に敗れたのは無駄ではなかった。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byNaoki Ishii

posted2019/12/24 18:00

早稲田ラグビー部“Reborn”計画。明治に敗れたのは無駄ではなかった。<Number Web> photograph by Naoki Ishii

SNSで自らのラグビー論を発信していることでも知られる岸岡智樹。フォロワーは他校にも大勢いる。

岸岡「春からの積み上げを洗練させる」

 早稲田のRebornは実現するのだろうか。

 この日、最後は独特の言語感覚を持つ岸岡にReborn の意味について聞いてみた。すると、笑みを浮かべてから岸岡はこう答えた。

「生まれ変わることは、そう簡単なことじゃない。なので、春から積み上げてきたことを洗練させていくことじゃないですかね」

“洗練”という言葉を使うあたり、いかにも岸岡らしい。

 早稲田が積み上げてきたこととは、多彩なタレントがそろうバックスが、ボールを大きく動かすアタックだ。

 前半13分に見せたトライに、光明が見えた気がする。

 大学選手権準決勝、早稲田対天理はエキサイティングな試合になりそうだ。

関連記事

BACK 1 2 3
岸岡智樹
早稲田大学

ラグビーの前後の記事

ページトップ