スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

真壁伸弥のラグビー人生に乾杯!
「羽ばたけ」から始まった縁とW杯。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2019/12/26 20:30

真壁伸弥のラグビー人生に乾杯!「羽ばたけ」から始まった縁とW杯。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

2015年W杯ではケガを乗り越え、南アフリカ戦のピッチに立った真壁伸弥。力強いタックル、ランで観客を沸かせ続けた。

大好きなラグビーとウィスキー。

 2015年から2019年までの間、真壁はウィスキーのエキスパートとしても名を馳せるようになる。W杯2019の前後には、「ラグビーセミナー」と「ウィスキーセミナー」を全国で開催していた。

「セミナーを通じて、ラグビー好きの人にウィスキーに興味を持ってもらえました。その逆のパターンもあります。自分が大好きなふたつのことの普及、啓蒙活動です。僕はウィスキーと出会い、それぞれのウィスキーが持つ歴史、バックグラウンドに魅せられました。同じ原酒を、まったく同じ素材で作られた樽に入れているのに、樽によってまったく違う味わいになる。なぜこうなるかは、科学では解明されていません。将来的には『サントリーのウィスキーと言えば、真壁だよね』と言われるようになれたらいいなと思っています」

 ウィスキーの色合い、香り、味わい。

 琥珀の液体は様々な顔を持つが、真壁は人として多面的な魅力を持つ。

 ウィスキーだけでなく、ラジオが好きで、サバイバルゲームも好き。ブログタイトルは「まかさんぽ」。

「本当に僕はいろいろなものが好きなんです。それなのに、僕はラグビーが苦手でした。実は、他のスポーツは本当にうまいんです。バスケではセンターなのに華麗なノールックパスを出してましたし、サンゴリアスのバドミントン大会では僕が優勝。これは本当です! 裏を取ってもらって構いません。なのに、ラグビーだけは苦手。でも、ラグビーがくれた『縁』には本当に感謝しています」

 ラグビーと、ウィスキーが豊かにした人生に乾杯。

 そして、おつかれさま。

桜の告白。ラグビー日本代表冒険記2019

Sports Graphic Number 993・994

桜の告白。
ラグビー日本代表冒険記2019

 

関連記事

BACK 1 2 3 4
真壁伸弥
サントリーサンゴリアス
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ