Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<名門大学の原点を訪ねて>
2009年東洋大学
「ルーキー柏原と胴上げなき初優勝」

posted2019/12/21 15:00

 
<名門大学の原点を訪ねて>2009年東洋大学「ルーキー柏原と胴上げなき初優勝」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

佐藤尚(中央)は今年3月にコーチ退任後も東洋大のサポートにあたる。MGCへの出場も果たした山本浩之(右)はコニカミノルタで、大西一輝(左)はカネボウで、ともに現役を続けている。

text by

小堀隆司

小堀隆司Takashi Kohori

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

2代目・山の神がその名を一躍轟かせた第85回大会で、鉄紺軍団は初出場以来77年目にして初優勝を果たした。悲願達成の裏には、出場すら危ぶまれたチームを立て直した4年生の存在と、監督代行の大胆な采配があった。(Number992号掲載)

 あのOKはどちらの意味だったのか。

 佐藤尚(ひさし)は今もそれを考えあぐねている。

「柏原、ちょっと早いぞ」

 当時、東洋大の監督代行を務めていた佐藤が1年生ランナーの柏原竜二に慌てて声をかけたのは、選手の後方につける運営管理車が箱根湯本を過ぎた頃だった。往路5区の5km付近に配置していたスタッフから「予定よりも約45秒早い」と報告を受け、それを柏原に伝えたのだ。

「そしたら、オッケーと、振り向きもせずに右手を挙げるわけですよ。僕にはそれが分かった(ペースを落とします)という意味なのか、それとも行けますという意味なのか、正直分からなかった」

 監督代行であるから選手の個性を知らなかったわけではない。そもそも柏原を東洋大にスカウトしたのは佐藤だった。入学後も一緒に練習メニューを組み、この日の上りに賭けてきた。快調に飛ばす柏原の背中を見ているうち、思わぬ言葉が口をつく。

「よし、行こう。前を追うぞ!」

 2009年の箱根駅伝は、新「山の神」が誕生した大会として駅伝ファンに記憶されている。ルーキーの柏原が今井正人の記録を47秒更新する驚異の区間新記録を打ち立て、8人抜きの力走で東洋大を往路優勝に導いたのだ。だがこの年、東洋大が出場辞退の危機にあったことを、はたしてどれほどの人が憶えているだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3689文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

箱根駅伝 最強の襷

Sports Graphic Number 992

箱根駅伝 最強の襷

 

東洋大学
柏原竜二
佐藤尚
山本浩之
大西一輝

陸上の前後の記事

ページトップ