“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

横浜FCオファーに「ついに来たか!」
青森山田キーマン古宿理久の向上心。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/12/19 11:40

横浜FCオファーに「ついに来たか!」青森山田キーマン古宿理久の向上心。<Number Web> photograph by Takahito Ando

横浜FCのユース昇格を果たせなかった悔しさを胸に、青森山田高で鍛錬してきたMF古宿(中)。同期のMF浦川(右)、GK佐藤ともに連覇を目指す。

「朝ごはんの量も増やしました」

 もちろん、これがゴールではない。来季、横浜FCはJ2からステージをJ1に上げたことで、より厳しい生存競争が待っている。だが、彼はそこを見据えて、プロ内定選手としての自覚を持って日々練習に取り組んだ。

「横浜FCの練習に参加した時、みんなフィジカルが強くて、簡単に弾かれてしまった。このままじゃ絶対ダメだと思ったし、1年目から戦力なりたいので、入ってからではなく、今からきちんとプロの身体づくりをしようと思いました。筋トレはもちろん、夜のクールダウンを徹底して、朝ごはんの量も増やしました」

 結果、夏から体重は4kg増え、名古屋U-18とのファイナルでも当たり負けをすることはなかった。プロ内定選手としての矜持を示した男は、佐藤、浦川と共に埼玉スタジアムの表彰台で喜びを爆発させた。

 残すは高校選手権のみ。大会連覇と、「ユース年代の日本一」として2冠が懸かる。

「もっと守備の部分でチームに貢献をしたいと思っています。最後に優勝して、次のステージに進めるように、残りの時間を大事に過ごしたいです」

 苦楽を共にした仲間と共に――。

“2度の挫折”から這い上がった古宿理久は、これまでの思いを高校最後の大会にぶつけ、未来を切り開いて行く。

関連記事

BACK 1 2 3 4
青森山田高校
横浜FC
古宿理久

高校サッカーの前後の記事

ページトップ