沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

2歳王者サリオスの底しれぬ強さ。
超ハイペースを前から押し切る完勝。

posted2019/12/16 12:00

 
2歳王者サリオスの底しれぬ強さ。超ハイペースを前から押し切る完勝。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

朝日杯を抜けた存在感で勝利したサリオス。一冬越してクラシック戦線でも中心になることは間違いない。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Yuji Takahashi

 前週の阪神ジュベナイルフィリーズにつづき、圧倒的な強さを誇る、無敗の2歳GIウィナーが誕生した。

 第71回朝日杯フューチュリティステークス(12月15日、阪神芝外回り1600m、2歳GI) を、ライアン・ムーアが騎乗した1番人気のサリオス(牡、父ハーツクライ、美浦・堀宣行厩舎)が優勝。新馬戦からの成績を3戦3勝とした。

 なお、ここを勝てばGIコンプリートに王手をかけることになった武豊のタイセイビジョンは2着だった。

 阪神ジュベナイルフィリーズでは、ハイペースで逃げたレシステンシアがラスト3ハロンも最速でまとめ、1分32秒7という2歳レコードを叩き出した。前半800m通過タイムは45秒5。後半800mは47秒2だった。

 この朝日杯の前半800通過は45秒4。後半800mは47秒6。開催が1週遅いぶんだけ馬場は傷んでいるので、こちらのほうが、数字よりさらに厳しい流れだったと見ていいだろう。実際、'14年に舞台が阪神に移ってから、前半800mが46秒を切ったのは初めてだった。

先行馬には苦しい流れのはずが。

 それだけ先行馬にとっては苦しい流れだった……はずだ。

 そんななか、サリオスは、序盤からムーアに促されて先行し、先頭から3馬身ほどの好位につけた。

 そのまま楽に追走し、ラスト300m付近で逃げ馬をかわして先頭に。外から後続に迫られても大きなストライドで寄せつけず、じわじわと差をひろげ、2着を2馬身半突き放してゴールを駆け抜けた。

 勝ちタイムは1分33秒0。'17年にダノンプレミアムが記録した1分33秒3を更新するレースレコードだった。

【次ページ】 他の上位馬は後方待機勢のみ。

1 2 3 NEXT
ライアン・ムーア
サリオス
武豊

競馬の前後のコラム

ページトップ