Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<名調教師が明かす>
リスグラシュー「ダブル制覇への4度の進化」

posted2019/12/19 07:00

 
<名調教師が明かす>リスグラシュー「ダブル制覇への4度の進化」<Number Web> photograph by AFLO

レーン騎手とのコンビでは2戦2勝。特例免許が承認され万全の体制が整った。

text by

石田敏徳

石田敏徳Toshinori Ishida

PROFILE

photograph by

AFLO

3歳までは勝ちきれないレースが続いていた牝馬が、古馬となり、海外遠征を経て一気に能力を開花させた。引退レースで狙うは、宝塚記念に続くグランプリ制覇。矢作芳人調教師が、その意気込みと覚醒の秘密を語った。(Number992号掲載)

 競走馬が描く成長曲線は様々で、GI級のトップホースでも比較的、早くにピークを迎える馬がいれば、ゆっくりと素質を開花していく馬もいる。5歳を迎えた今年、急激に力をつけて宝塚記念とコックスプレート(豪州を代表するビッグレース)を連勝。牝馬としては史上初の快挙となるグランプリの“ダブル制覇”をかけ、有馬記念に挑むリスグラシューは明らかに後者のタイプだが、これまでに描いてきた進化の軌跡はかなり特異といえる。

「僕が顕著に感じただけであの馬は4回、変わっています」と矢作芳人調教師。そんな牝馬、なかなかいない。

 最初に“顕著な変化”を感じたのは4歳初戦の東京新聞杯だった。エンジンのかかりが遅く、強襲及ばずの惜敗を繰り返した2歳暮れから3歳にかけてとは見違えるような鋭い末脚を発揮。狭いスペースを割って抜け出し、久々の勝利を手にした一戦だ。

「ユタカ(武豊騎手)は『以前ならあのスペースは割れなかった』と言っていました。3歳時より肉体的にもだいぶ力強くなって、成長を実感したレースでしたね」

 とはいえ、春の大目標に定めていたヴィクトリアマイルはジュールポレールを僅かに捉えきれず、GIでは4度目の2着に終わる。続く安田記念は8着。ただ、同厩のモズアスコットに完敗を喫したこのレースは、重要なターニングポイントになった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3225文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

箱根駅伝 最強の襷

Sports Graphic Number 992

箱根駅伝 最強の襷

 

リスグラシュー
矢作芳人
ダミアン・レーン

競馬の前後の記事

ページトップ