“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

布先生が教え子と交わした熱い抱擁。
群馬J2昇格の裏に市船の師弟関係。 

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph byTakahito Ando

posted2019/12/13 15:00

布先生が教え子と交わした熱い抱擁。群馬J2昇格の裏に市船の師弟関係。<Number Web> photograph by Takahito Ando

J2昇格を決め、笑顔で写真に収まる群馬・布監督(左)と渡辺。先日、布監督は松本山雅FCへの就任が発表されたが、2人の関係が途切れることはない。

満面の笑みを浮かべた布先生。

 歓喜のホイッスルを耳にした試合後、殊勲の渡辺がインタビューブースに立った。先にインタビューを終えていた布は、その様子を5mほど離れた場所で見つめていた。

「監督、みんなが呼んでいます」と、スタッフがサポーターの前に連れて行こうとしたが、それを断り、「広大が終わるまで待っているから」とその場を離れなかった。

 渡辺がインタビューを終えて歩き出そうしたとき、満面の笑みを浮かべた布先生の姿が目に飛び込んできた。込み上げてくる思いを抑えながら、2人は熱い抱擁を交わしたのだった。

「僕を待ってくれていて、抱きしめてくれた。それだけでここに来た意味があったと思いました。正直、この瞬間を味わうためだけに来たと言っても過言ではありませんでした」

 すべてが報われた気がした。義務を果たせた気がした。それは布も同じだった。

「指導者冥利につきるというか、まさかここで市船時代の教え子と選手と監督の立場で一緒に戦えるとは思っていなかったですし、この大一番でまさか点まで取ってくれるとは……。本当に広大と一緒に戦えてよかった」

宝物となった群馬での1年間。

 昇格決定から3日後の12月11日、布監督の退任が発表された。またしても2人の師弟関係は1年間で幕を閉じた。

 布はそれを察していたのだろうか。福島戦後のミックスゾーンで渡辺を呼び寄せ、こう言った。

「まさか教え子と一緒に戦えるとは思わなかった。1年間、本当にありがとう」

 師弟関係は実質2年間。だが、すべて渡辺の人生において重要なセクションだった。

「布先生の凄さを18年ぶりに一緒に戦ったこの1年間で改めて感じました。本当に偉大な人で、自分の人生になくてはならない人。ザスパで過ごした1年間は本当に宝物になりました」

 これから先、また師弟関係になることはあるのだろうか。ともかく、群馬で刻まれた1年間が2人に大切な時間になったことは間違いない。この幸せな関係は、一生色あせることはないだろう。

関連記事

BACK 1 2 3 4
布啓一郎
渡辺広大
ザスパクサツ群馬
市立船橋高校

Jリーグの前後の記事

ページトップ