欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

久保建英、初カンプノウの試合前。
カメラマンが捉えた“一瞬の瞑想”。 

text by

中島大介

中島大介Daisuke Nakashima

PROFILE

photograph byDaisuke Nakashima

posted2019/12/14 20:00

久保建英、初カンプノウの試合前。カメラマンが捉えた“一瞬の瞑想”。<Number Web> photograph by Daisuke Nakashima

カンプノウに立ち、目をつむった久保建英。彼の心の中にはどのような感情が渦巻いていたのだろうか。

久保が攻め込む先にポジションを。

 今回の試合に当てはめれば、「バルサと対戦するかっこいい久保の写真を下さい! できればメッシと競っているところで!!」と軽い調子で依頼がくる。

 通常、前線でプレーする久保を撮影するとなると、マジョルカが攻めるゴール裏のどこかで撮影することとなる。

 しかし相手がバルサとなると、マジョルカが目指す先で待っていても、ほとんどの時間を超望遠レンズ越しに小さく映る、バルサの選手たちの見事なパスワークを眺めていることになりかねない。

 バルサの目指すゴール裏に陣取った方が守備に奔走する姿だとしても、久保の撮影機会もおそらく多くなる。

 ただ開幕当初は途中出場が続いた久保だが、ここ4試合連続出場中。1ゴールをマークしたし、ゴールポストに直撃するシュートも打っている。難しいだろうが、久保にはバルサ相手にでもゴールする力を持っている。もし訪れるならその瞬間は逃したくはい。

 久保が自身のアイドルとしてあげるバルサの10番は、守備時にそこまで戻ってはこない。恐らくメッシとのマッチアップは撮影できないと予想していた。

 それでもやはり久保が攻め込むその先に、撮影ポジションを決めるしかなかった。

メッシのバロンドールのお祝い。

 メッシは、自身6度目となるバロンドールを5日前に受賞したばかり。この試合のキックオフに先立ち、両チームの選手と観客を前にトロフィーをお披露目している。メッシが掲げる金色のボールを象ったトロフィー、18歳の若者にはどのように映っただろうか。きっと、1つの目標としてこの景色はインプットされたのではないだろうか。

 カンプ・ノウを満員に埋める観客からブーイングを浴びる。

 バロンドールを掲げる。

 そんな姿を撮影したい。どちらも欲張りすぎた希望かもしれない。ただそんな姿を今は未だ微かかもしれないが想像させる。初めてのバルサとの対戦でそれだけのインパクトを感じた。

【次ページ】 アルゼンチン人が得意げに。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
久保建英
マジョルカ
バルセロナ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ