メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

大谷翔平の起用プランに新展開。
来季は、先発と一塁手で二刀流?

posted2019/12/03 08:00

 
大谷翔平の起用プランに新展開。来季は、先発と一塁手で二刀流?<Number Web> photograph by Kyodo News

今シーズン中もリハビリとしてブルペンで投球練習を続けてきた大谷翔平。来シーズンは再び二刀流が見られるか。

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 二刀流完全復活へ。

 エンゼルスの大谷翔平投手(25)のリハビリが順調に進んでいる。ビリー・エプラーGMが11月26日(日本時間27日)、その進捗状況を明かした。

 今年9月に左膝の膝蓋骨手術を受けた大谷は10月にキャッチボールを再開。既にキャッチボールの距離は150フィート(約45.7メートル)以上に及び、ブルペン投球へのスタンバイはOK。本拠地アナハイムで強度を上げながら12月20日前後には全力投球が出来る状態を目指すと言う。

 この全力投球をもって、昨年10月に受けた右肘靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)のリハビリは完了。来年2月のスプリングトレーニングから本格的な二刀流を再始動させることになる。

 順調な回復スケジュールは嬉しいばかりだが、来季の二刀流は、'18年シーズンのものとはちょっぴり違ってくるかもしれない。そんな予感がしなくもない。10月24日に新監督に就任したジョー・マドンの思わせぶりな発言が気になるのだ。

「大谷はなんでもできる選手だ」

「野球選手として欲しいものをなんでも」

 弱小球団だったタンパベイ・レイズを指揮して'08年にはワールドシリーズ進出を果たし、シカゴ・カブスでは'16年に108年ぶりの世界一へチームを導いたメジャー屈指の知将であり、アイディアマンであるマドン氏。

 メジャー通算1252勝、監督として15シーズンで8回のポストシーズン進出を果たしたその名将が古巣エンゼルスに15年ぶりに復帰を果たした。

 就任会見の席上、固定観念にとらわれない柔軟な発想力を持つ65歳に、来季の大谷について聞いてみた。

「大谷は二刀流。なんでもできる選手だ。軽く打っても打球をとんでもなく遠くへ飛ばすし、160キロ近い速い球も投げられる。野球選手として欲しいものを彼はなんでも持っている」

【次ページ】 「正直、プランは持っているよ」

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス

MLBの前後のコラム

ページトップ