松岡修造のパラリンピック一直線!BACK NUMBER

日本代表・加藤健人が修造に語った、
ブラインドサッカーとの運命の出会い。

posted2019/12/02 18:00

 
日本代表・加藤健人が修造に語った、ブラインドサッカーとの運命の出会い。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

ボールのトラップもドリブルもシュートも……目隠しをした松岡修造さんにはあまりにも難しかった!

text by

松岡修造

松岡修造Shuzo Matsuoka

PROFILE

photograph by

Yuki Suenaga

 松岡修造がパラアスリートと真剣に向き合い、その人生を深く掘り下げていく「松岡修造のパラリンピック一直線!」。第8回のゲストはブラインドサッカーの加藤健人さんと菊島宙さん。

 2人のプレーを見せてもらった松岡さんは、まるで見えているかのような見事な動きに思わずあ然。さらに自らアイマスクを着けてブラインドサッカーを体験してみると、想像以上の難しさに困惑の色を隠せなくなる……。

まるで魔法のようなドリブル!

加藤「僕のドリブルはこうやって足元にボールを置いて、細かく細かくステップを踏んでいくんですけど、ソラの場合はちょっと違うんです」

松岡「僕には健人さんの今のドリブルも魔法に見えますよ。足元のボールから音がするけど、ずっと視線は前を向いているように見える。それでもボールが足に吸い付いています」

加藤「でもソラのドリブルはもっとすごいです」

菊島「私はこうやって、大きく前にボールを蹴り出してドリブルします。(そう言って、なでしこジャパン張りの見事なドリブルを見せる)」

松岡「今のは新幹線状態でしたよ。ええ、どうやったの! なぜボールを前に蹴ったのに、追いついてまた蹴れるんですか」

加藤「どうも以前にサッカーをやっていた感覚で、そのままドリブルしているみたいですね。僕もサッカーをやっていたんですけど、前に蹴り出すとそのボールがどこへ行ったかわからなくなる。だから常にボールを足元に置いてやっているんですけど、ソラはそれができるから、ドリブルも他の選手より速いんです」

松岡「ソラさん、失礼なことを言うよ。あなたは人間じゃない。目隠ししているのに、ボールが見えてます!」

菊島「ハハハ」

【次ページ】 走るときの「ボイ、ボイ」というかけ声は何?

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

加藤健人
菊島宙
東京五輪
オリンピック・パラリンピック
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ