オリンピックPRESSBACK NUMBER

タカマツ「最後の最後まで2人で」。
東京五輪への挑戦はまだ終わらない。

posted2019/12/03 11:40

 
タカマツ「最後の最後まで2人で」。東京五輪への挑戦はまだ終わらない。<Number Web> photograph by Itaru Chiba

2007年にペアを組み、リオ五輪で金メダルを獲得した“タカマツ”。厳しい東京五輪代表の座への争いに、最後まで向き合う。

text by

石井宏美

石井宏美Hiromi Ishii

PROFILE

photograph by

Itaru Chiba

 会場を囲むように長い行列が続く。11月30日、師走が近づく駒沢オリンピック公園総合運動場体育館、バドミントンの日本一を決める全日本総合選手権。五輪前年の大会、しかも普段、世界ツアーを転戦する男子シングルスの桃田賢斗や女子シングルスの奥原希望らトップ選手たちのプレーを堪能できるとあってか、多くのファンが詰めかけていた。

 各種目準決勝が行われたこの日は、第1試合から注目カードが目白押しだ。

 女子ダブルス準決勝第1試合はリオ五輪金メダリストの高橋礼華・松友美佐紀ペアと世界選手権2連覇中の永原和可那・松本麻佑ペア、世界トップランカーとして活躍する2組の対戦となった。2組が姿を現すと、会場は大きな歓声に包まれた。

「悔しいよりもほっとした」

 高橋・松友ペアは、永原・松本ペアの170cmを超える長身からの圧倒的な攻撃力を前に第1ゲームを11-21で落とす。第2ゲームに入ると流れは変わり高橋・松友ペアがリードする。しかし、「相手が前に前に来ているところに(球を)落としてしまったのが敗因。もう少ししっかりと相手を見てプレーできていたらよかったです」(高橋)と、永原と松本の怒涛の攻撃で20-22と逆転負け。ゲームカウント0-2で50分に及ぶ試合に終止符が打たれた。

「やっと終わった……」

 逆転負けを喫したが、高橋の胸の内には全日本総合を戦い抜いた安堵感があった。

「優勝とか、勝っていくというよりも、本当に毎日、毎日、きついものを抱えながらやっていたので。正直悔しいというよりは、ほっとしたというか、怪我なく終われてよかったなという気持ちが一番にありました」

【次ページ】 「この大会に成長させてもらった」

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

高橋礼華
松友美佐紀
永原和可那
松本麻佑
福島由紀
廣田彩花
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ