バスケットボールPRESSBACK NUMBER

決してあきらめない──安齋HCが
語るブレックスの歴史、使命、責任。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byB.LEAGUE

posted2019/11/29 11:40

決してあきらめない──安齋HCが語るブレックスの歴史、使命、責任。<Number Web> photograph by B.LEAGUE

2017-18シーズンの途中からヘッドコーチに昇格した安齋。昨季は49勝11敗の東地区2位、チャンピオンシップセミファイナル進出へと導いた。

ブレックスの使命と責任。

「バスケットのスタイルというのは流動的ですけど……」

 安齋はそう断りつつも、決してかわらないメンタリティやカルチャーをクラブが持ち合わせていることに胸を張る。

「もちろん、どの試合にも勝つつもりでいます。ただ、勝っても、負けても、僕らが何かを表現することによって、見に来てくれた人たちに『観戦に来て良かった』とか、『明日からまた仕事を頑張れるね』と思ってもらわないといけない。そうやってみなさんからもらったものを返すことが僕らの使命であり、責任だと思っているので」

 プロクラブとは誰に支えられているのか。答えは明らかなのに、本質を見失ってしまうケースは少なくない。

 それでも、彼らは決して目を背けず、自分たちの存在意義と向き合っていく。

 選手やコーチだけではなく、ファンやスポンサーまで巻き込んだ宇都宮ブレックスが、試合終了のホイッスルがなるその瞬間まであきらめずに戦い続けられる集団でいられる秘密は、そこにある。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6 7
安齋竜三
田臥勇太
宇都宮ブレックス

バスケットボールの前後の記事

ページトップ