SCORE CARDBACK NUMBER

昨季覇者ラプターズが見せる
“チャンピオン”のマインド。
~エースが抜けても崩れない理由~

posted2019/12/02 07:00

 
昨季覇者ラプターズが見せる“チャンピオン”のマインド。~エースが抜けても崩れない理由~<Number Web> photograph by Getty Images

昨季ラプターズを初優勝へ導いたレナードの抜けた穴を埋める活躍を見せるシアカム。新エースがチームを率いる。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

「チャンピオンのハートを侮るな」

 かつて、'95年にヒューストン・ロケッツが連覇を果たしたときのヘッドコーチ、ルディ・トムジャノビッチの有名なフレーズだ。レギュラーシーズンで低迷し、プレイオフでも何度も追い込まれ、苦しみながらも粘って優勝した後の言葉だった。

 久しぶりにその言葉を思い出したのは、昨季のNBAチャンピオン、トロント・ラプターズの11月のロサンゼルスでの戦いぶりを見たときだった。昨季初優勝を果たした後、絶対的なエースのカワイ・レナードがクリッパーズに、優勝経験豊かな脇役のダニー・グリーンがレイカーズにFA移籍して戦力ダウン。ラプターズは、周囲から今季は優勝争いからは一歩後退していると見られていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 562文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

トロント・ラプターズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ