SCORE CARDBACK NUMBER

“JCに外国馬不在”の異常事態。
理由は日本の高速馬場なのか?

posted2019/12/01 08:00

 
“JCに外国馬不在”の異常事態。理由は日本の高速馬場なのか?<Number Web> photograph by KYODO

日本馬も回避が相次いだJCだが、ダービー馬は昨年のワグネリアン(写真)、レイデオロ、マカヒキと3頭出走。

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph by

KYODO

 JRAが長い時間をかけて磨きに磨いてきた馬場造園技術の高さは、競馬先進国と言われる欧米のそれを、はるかに見下ろすほどの高みまで突き抜けたと言っていい。

 ところが、このたゆまぬ努力によってたどり着いた世界一走りやすい芝コースが、11月24日に行われるジャパンカップ(JC)に外国馬が1頭も来ない、という事態を招いたとする理不尽な批判にさらされている。

 路盤をカチカチに固め、芝生をゴルフのグリーンのように刈り込んだというのなら、それは確かに大事な馬の脚元を傷つける危険性から、出走を控えられる要因ともなろう。しかし、この秋の東京競馬場の芝コースについては、武豊騎手が「硬いんだろうな、と思って入ってみたらそうじゃない。ほどよくクッションが効いて、とにかく走りやすい。馬が走りやすいと感じるから速い時計が出るわけで、馬場に文句はありません」と、馬場造園課が小躍りしそうなコメントを披露した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 478文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

競馬の前後のコラム

ページトップ