大山加奈のVolleyball is Life BACK NUMBER

“メグカナ”を経験した今だからこそ。
大山加奈が願うバレー界の意識変化。 

text by

大山加奈

大山加奈Kana Oyama

PROFILE

photograph byItaru Chiba

posted2019/11/28 11:50

“メグカナ”を経験した今だからこそ。大山加奈が願うバレー界の意識変化。<Number Web> photograph by Itaru Chiba

W杯でベストオポジットに輝いた西田は、総得点でも3位に。所属するジェイテクトは現在、Vリーグで8勝1敗で2位につけている。

いまこそ、環境を変えるチャンス。

 振り返ると、私は苦しいことが多い選手時代でしたが、「メグカナに憧れてバレーを始めました」と言われるたび、嬉しく、やってきてよかった、といつも心から思います。だからこそ、これからも素晴らしき個性、才能、可能性を持った子供たち、すべての選手が「楽しい」と思い続けながらバレーボールを続けられる環境をつくらなければならないと使命感を持っています。

 ワールドカップで残した活躍は、さまざまな場所で効果をもたらしています。だからこそ、「石川がいるからいい」「西田に頑張ってもらおう」と甘えるのではなく、指導者の意識も含め、現場の環境を変えていく。今が、大きなチャンスであるはずです。

(構成/田中夕子)

関連記事

BACK 1 2 3 4
大山加奈
石川祐希
西田有志
石川真佑

バレーボールの前後の記事

ページトップ