欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

“ドイツの至宝”ゲッツェが苦悩。
W杯制覇の英雄は消えてしまうのか。 

text by

中野吉之伴

中野吉之伴Kichinosuke Nakano

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/11/18 11:15

“ドイツの至宝”ゲッツェが苦悩。W杯制覇の英雄は消えてしまうのか。<Number Web> photograph by Getty Images

かつては香川真司と抜群のコンビネーションを見せたゲッツェ。再び輝くプレーを見たい。

クラブとの契約は2021年まで。

 自分とは対照的な姿を、ゲッツェはどのように眺めていたのだろう。

 自分にまたそんな日がくるのだろうか。クラブにおいてどんな立ち位置にいるのだろう。クラブとの契約は2021年まで。現時点で契約延長の話は聞こえてこない。だが、このままお別れではやはり寂しい。生え抜きの選手に活躍の場が来てほしいと、多くのファンが願っている。

 ゲッツェは、ファンが思い描いたルートでは頂点まで駆け上がることができなかった。それでも極めて優れた選手で、彼のプレーに喜びがあることには変わりがない。

 どれだけ逆風にさらされても、その歩みを止めようとはしていない。これまでも幾多の苦難を乗り越えてきたゲッツェが、さらに成熟し、そしてそのなかで純粋にボールを追いかけていた昔のように軽やかなプレーを取り戻してくれたら……と願わずにはいられない。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
マリオ・ゲッツェ
ドルトムント

海外サッカーの前後の記事

ページトップ