マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

10年目の戦力外に「おめでとう」。
広島・庄司隼人からの電話と記憶。

posted2019/11/07 11:40

 
10年目の戦力外に「おめでとう」。広島・庄司隼人からの電話と記憶。<Number Web> photograph by Kyodo News

後列の右から3番目に庄司隼人の姿が見える。あれから10年、彼の野球人生はひとつの区切りを迎えた。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 その男から電話がかかってきたのは、朝の9時をまわったところだった。

「ご無沙汰しております。庄司です」

 携帯電話の画面に出たのが、「電話番号」だけだったので、どちらの庄司さんなのか、パッとはわからなかった。

「あ、カープの庄司です。しばらくです」

 広島東洋カープ・内野手・庄司隼人。

 2009年・夏の甲子園に母校・常葉橘高を初出場させて、旭川大高を相手に6安打完封。さらに、明豊高(大分)・今宮健太(現・ソフトバンク)とも互角の投げ合いを演じて、その秋のドラフト4位で広島に入団。

 プロでは内野手に専念し、今年でプロ生活10年目にさしかかっていた。

「安倍さん、きのう、残念ながら戦力外になりました」

 彼のことは、高校時代にその全力投球を受け、話を聞いて野球雑誌の記事にして、それ以来ずっと気にかけていた。

 カープの日南キャンプに行けば、二軍の東光寺球場にまわって、必ず様子を見にいった。

 練習中だから、交わす言葉もわずかな立ち話だけだったが、お互い、うれしい「再会」には違いなかった。

「10年目にして、初の一軍キャンプですよー!」

 いつのキャンプのことだったか、私の「流しのブルペンキャッチャー」を知っていてくださるコーチの方がいて、

「庄司、お前、安倍さんに受けてもらったのか! わるい! そんなすごい選手だと思ってなかったわ!」

 冗談半分に、声をかけられた時の彼の笑顔が忘れられない。

 しかし、それよりも、今年の日南キャンプだ。

「10年目にして、初の一軍キャンプですよー!」

 会うなり、そう叫んだ彼の笑顔は、その時以上の会心の輝きだった。

 広島東洋カープ内野手・庄司隼人が立っていたのは、「天福球場」のほうだった。

 菊池涼介や田中広輔と同じ“地面”でノックボールを追いかける「背番号52」が、誇らしげに見えた。

【次ページ】 開幕の一軍に庄司の名前はなく……。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

庄司隼人
広島東洋カープ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ