欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

ELに超情熱的なフランクフルトと、
FW鎌田大地、長谷部誠の好感触。

posted2019/11/06 08:00

 
ELに超情熱的なフランクフルトと、FW鎌田大地、長谷部誠の好感触。<Number Web> photograph by Getty Images

フランクフルトで主力の鎌田大地(中央)と長谷部誠。昨季準決勝まで進んだELで今季も躍進 なるか。

text by

中野吉之伴

中野吉之伴Kichinosuke Nakano

PROFILE

photograph by

Getty Images

 フランクフルトとヨーロッパカップの関係は特別だ。

 ファンは欧州の舞台で戦えることを心底楽しみにし、チームの躍進ぶりを喜んでいる。だから相手に関わらず、時間に関わらず、天候に関わらず、どんな試合でもスタジアムはほぼ満員になる。

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)グループリーグ進出前の予選3回戦ではリヒテンシュタインのファドゥーツと対戦した。ここでもホームでの一戦には4万8000人の観客が詰めかけた。ファーストレグですでに5−0と快勝し、ホームでのセカンドレグを待たずプレーオフ出場がほぼ決定しているにもかかわらずだ。

 ファンにとってヨーロッパのカップ戦は毎試合がお祭りであり、常に全力で立ち向かい、自分たちのアイデンティティを共有できる大事な劇場なのである。毎試合のように壮大なコレオグラフィを準備し、スタジアムの雰囲気を最高のものにしようとしている。野太い声援の重厚感がどれだけチームを支え、相手チームに威圧感を与えていることか。

ELになかった情熱の渦を巻き起こす。

 そうした思いは、選手にもしっかりと届いている。オーストリア代表CBマルティン・ヒンターエッガーは言う。

「ファンが僕をどこまでも走らせてくれる。足を痛めて動けなくなったときも、終盤息が苦しいときも、彼らのサポートは本当に素晴らしい。僕に新たな力を与えてくれるんだ」

 ヨーロッパリーグは、欧州最高峰のチャンピオンズリーグと比べると、どこかでやはり二番煎じの印象を払拭できないかもしれない。だからといって引け目など感じず、本気で戦うことで最高の舞台にするのだ。

 誰かが決めた最高のリーグで戦うから熱狂が生まれるわけではない。要するに、フランクフルトはこれまでのヨーロッパリーグになかった情熱の渦を自分たちで巻き起こしているのだ。

【次ページ】 「ELを戦うのは簡単じゃない」

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鎌田大地
長谷部誠
フランクフルト

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ