ラグビーPRESSBACK NUMBER

ラグビーW杯のスター選手が集結。
トップリーグがオールスター状態!? 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2019/11/05 20:30

ラグビーW杯のスター選手が集結。トップリーグがオールスター状態!?<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

南アフリカからもルルーやフェルミューレンらがやってくる。少し前では信じられないほどの豪華さだ。

「一生に一度」レベルの妙技がまた見られる。

 2部リーグに相当するトップチャレンジリーグでも、ワールドクラスのデュオを見ることができる。近鉄に入団したオーストラリアのウィル・ゲニアとクウェイド・クーパーだ。

 ゲニアは3大会連続出場となった今回のW杯で背番号9を着け、チームの攻撃をオーガナイズした。クーパーは'15年のW杯メンバーで、創造性豊かなスタンドオフである。

 近鉄と言えば、日本代表ロックのトンプソンルークがプレーするクラブだ。オーストラリアのハイレベルな二人を加えたチームは、今月17日からトップリーグ昇格を争うリーグ戦に挑む。

 サッカーJリーグやバレーボールVリーグ、卓球Tリーグなどでも世界的な選手がプレーしているが、今シーズンのトップリーグは豪華絢爛である。およそどの試合でもW杯プレーヤーが、それも世界的なビッグネームがピッチに立つ。必然的にリーグのレベルは押し上げられ、日本人選手もスキルを上げていくだろう。

 いまなお興奮の余韻が残る今回のW杯は、「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」をキャッチフレーズとした。国内では一生に一度しか観られないと思われた妙技が、私たちのすぐそばで繰り広げられていく。

<完全保存版>ラグビーW杯2019 桜の証言

Sports Graphic Number PLUS December 2019

<完全保存版>
ラグビーW杯2019 桜の証言

 

関連記事

BACK 1 2 3 4
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ