セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

老将ラニエリとモッタの「2-7-2」。
サンプ、ジェノアは窮地を脱せるか。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byUniphoto Press

posted2019/11/02 19:00

老将ラニエリとモッタの「2-7-2」。サンプ、ジェノアは窮地を脱せるか。<Number Web> photograph by Uniphoto Press

現役時代はインテル、バルサなどでもプレーしたチアゴ・モッタ。指揮官としてジェノア再生のかじ取り役となれるか。.

「守るな! 4点目を取りに行け!」

 初戦のブレシア戦では1-5で大敗した8節パルマ戦から先発5人を入れ替え、2トップにFWギュミュスを抜擢し初先発デビューさせるなど、彼なりの“色”を出してきた。

 3点を奪い返し残り数分となったとき、ベンチから「守るな! 4点目を獲りにいけ!」と声を荒げる新監督の姿をジェノア・ファンだけでなく、選手たちも頼もしく思ったにちがいない。

「(リードされた)前半、また負けるんじゃないかとビビったよ。だけど、チアゴは俺たちの良さを引き出してくれた。監督になってくれて本当嬉しいよ」

 初陣のダメ押し弾を決めたのはインテル3冠時代の僚友FWパンデフだった。T・モッタとひとつしか年が違わないベテランFWは指揮官とファーストネームで呼び合いながら、この先に待ち構える困難も予見している。

 船頭を替えたサンプドリア号とジェノア号に楽観論は禁物だ。12月中旬のダービーまで乗り越えなくてはいけない波は、なお高い。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
サンプドリア
ジェノア

海外サッカーの前後の記事

ページトップ