酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

最強の来日大リーガーはクロマティ。
大外れは7戦で引退グリーンウェル。

posted2019/11/03 19:00

 
最強の来日大リーガーはクロマティ。大外れは7戦で引退グリーンウェル。<Number Web> photograph by BUNGEISHUNJU

現役時代の原辰徳らとともに巨人打線の主軸を担ったクロマティ。今年はチームに同行する時期もあった。

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

BUNGEISHUNJU

 メジャーのオールスター・プレイヤー、アルシデス・エスコバーのヤクルト入団が決まった。若いライター仲間のSNSでは「え、エスコバーが!」などと驚きの声が挙がっている。

 確かにニュースではあるが、おじさんの私には「既視感たっぷり」ではある。

 日本の野球ファンがMLBに初めて目を向けたのは、1978年のことだった。フジテレビが『アメリカ大リーグアワー』という番組を始めたのだ。これに合わせて4月にベースボールマガジン社が『米大リーグ26球団ガイド』を発売し、私はむさぼり読んだ。

 カラーページにはレジー・ジャクソン、ピート・ローズ、ノーラン・ライアンなど、当時のスター選手が並んでいたが、驚いたことに、この中から何人もの選手が日本にやってきたのだ。

 翌1979年にはマリナーズから阪神にリロイ・スタントン、1980年にはカブスから西武にスティーブ・オンティベロス(西武ではスティーブ)、1983年にはドジャースから巨人にレジー・スミス、1988年にはタイガースからロッテにビル・マドロック(1978年当時はジャイアンツ)。

 私はそのたびに今の若いライター諸君同様「え、すごい!」と驚いた。メジャーの一流選手なのだから、さぞやすごい成績を挙げるだろうと思った。

「こら、打たんとん、引っ込め!」

 しかし、必ずしもそうではなかった。

 マリナーズで77本塁打を打ったスタントンは、阪神でも23本を打ったが打率.225、三振はリーグ最多の136。甲子園では「こら、打たんとん、引っ込め!」とヤジが飛んだ。

 スティーブは西武の主力打者として、超大物レジー・スミスも短期間だが中軸打者として活躍した。その一方でビル・マドロックは4度も首位打者を取った大打者で、「マッドドッグ(狂犬)」と言われるほどヤンチャだったが、日本では元気がなくその片鱗もなかった。

 こういう経験を経て、私のようなおじさんファンは「バリバリのメジャーリーガーだからと言って、活躍するとは限らない」ということを学んだのだ。

【次ページ】 ドビーら名選手も活躍できず。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ウォーレン・クロマティ
マイク・グリーンウェル
アルシデス・エスコバー
マニー・ラミレス
ランディ・バース
ブーマー・ウェルズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ