Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<MVP INTERVIEW>
グラシアル「軍隊学校の教えが生きたんだ」

posted2019/11/04 11:00

 
<MVP INTERVIEW>グラシアル「軍隊学校の教えが生きたんだ」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

4戦3発。文句なしの最高殊勲選手った。キューバからやって来た勤勉なスラッガーは、ホークスに日本一をもたらした第4戦の4回、何を思いながら菅野智之と対峙していたのか。(Number989号掲載)

――日本一を決めた試合で巨人のエース菅野投手から放った3ランは衝撃でした。

「バットを持ってベンチを出たときから私には菅野投手の情報がありましたから。外のスライダーだけは絶対に振らない。ランナーを返すためにフルスイングではなくコンパクトに振る。そのふたつだけを決めた上で打席に入りました。だから2ストライクに追い込まれたあと、外角のボール球になるスライダーを2球続けて見逃せたのだと思います。最後は真ん中から内側の打てる球だけを待っていました。ホームランになったのはたまたまで、ランナーを返すというのが最も重要なことでした」

――2017年のWBC2次ラウンドでも菅野投手からホームランを打っています。

「もちろん、WBCで対戦したことは今日の結果につながったと思います。あの時も私は菅野投手の情報を持っていて、それは全部(キューバ代表の4番だった)デスパイネからもらったものでした。ただひとつ言っておきたいのは、菅野投手は簡単に打てる投手ではありません。本当に素晴らしい投手です。ただ向こうがミスして自分の打てるところに来れば、それを逃さずに打つことだけを考えていました」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

福岡ソフトバンクホークス
ジュリスベル・グラシアル

プロ野球の前後のコラム

ページトップ