フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

紀平梨花も「新時代だな」と苦笑い。
軽々と4ルッツ、トゥルソワの強さ。

posted2019/10/28 12:00

 
 紀平梨花も「新時代だな」と苦笑い。 軽々と4ルッツ、トゥルソワの強さ。<Number Web> photograph by Getty Images

世界最高得点で優勝したトゥルソワ(中)。2位は紀平(左)、3位は韓国のユ・ヨン。

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph by

Getty Images

 10月25日からブリティッシュコロンビア州ケロウナで開催されたGPシリーズ第2戦目、スケートカナダ。女子は紀平梨花とアレクサンドラ・トゥルソワの対決に注目が集まっていたが、予想に違わず見事な戦いが繰り広げられた。

 初日のSPでは、きれいな3アクセルをきめた紀平梨花が81.35で順調にトップに立った。サプライズの2位は、同じく3アクセルを成功させて78.22を手にした韓国の新人、ユ・ヨン。そして3ルッツ+3ループを成功させたアレクサンドラ・トゥルソワが74.40で3位というスタートになった。

女子歴代最高スコアを更新したトゥルソワ。

 ジュニアの当時から話題になっていたトゥルソワだが、10月のジャパンオープンではフリーで4度の4回転を着氷して人々の度肝を抜いた。

 トゥルソワのフリー『ゲーム・オブ・スローンズ』のサントラのプログラムは、彼女の欠点を実にうまくカバーするよう構成されている。まだまだトランジションが少ない空っぽの部分を、ドキドキさせるような音楽の盛り上がりによって緊張感を保ち、中だるみを感じさせないように工夫がされた振付だ。

 このスケートカナダでも、フリーには4度の4回転を組み込んできた。だが冒頭の4サルコウで、トゥルソワは激しく転倒した。次に予定されているのは4ルッツ。男女を通して、現在スケーターが降りる最も難易度の高いジャンプである。転倒の後、このジャンプに挑むのはおそらくトップ男子でもためらうだろう。

 だがトゥルソワは、あっさりと成功させた。続いて4+3トウループ、2アクセル、スピンとコレオシークエンスを経て後半で4トウループ+1オイラー+3サルコウを着氷。3ルッツ+3ループは恐ろしいほどのバネを感じさせる勢いで跳んだ。

 フリーは166.62、総合241.02。どちらも彼女自身が持っていた歴代最高スコアを更新させた。

【次ページ】3アクセルで立ち向かった紀平。 

1 2 3 NEXT
紀平梨花
アレクサンドラ・トゥルソワ

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ