フィギュアスケート、氷上の華BACK NUMBER

シェルバコワ、衝撃の4ルッツ2回。
GP初戦「女子4回転時代」が鮮明に。 

text by

田村明子

田村明子Akiko Tamura

PROFILE

photograph byChristian Petersen - ISU/Getty Images

posted2019/10/22 08:00

シェルバコワ、衝撃の4ルッツ2回。GP初戦「女子4回転時代」が鮮明に。<Number Web> photograph by Christian Petersen - ISU/Getty Images

GP初戦、スケートアメリカで銀メダルのテネル(左)、優勝したシェルバコワ(中)、銅メダルのトゥクタミシェワ。

ベテラン勢はどう戦うか。

 今シーズンの女子は、4回転を跳ぶ新人たちにトップを独占されるのか。

 だがその一方で、4回転も3アクセルもないブレイディ・テネルがSP、フリーともほとんどノーミスのベテランらしい滑りを見せて、2位に入ったことは救いだった。また男子では、ジェイソン・ブラウンがやはり4回転なしのプログラムながら、内容の濃い素晴らしい演技を見せて2位に入賞している。

 良い演技をすればそれなりの評価はされる。

「(大技がなくても)ちゃんとやれば勝てるというのは、男子も女子も見てわかったので、今跳べるジャンプをきっちりやるのが大事だなと改めて思いました」

 そう坂本はかみしめるように言うと、彼女の次の大会であるフランス杯までに練習を追い込んでやることを誓った。

 今週末にカナダ・ケロウナで開催される第2戦、スケートカナダではいよいよ紀平梨花がアレクサンドラ・トゥルソワとあたることになる。どのような展開になるのか、見守っていきたい。
 

関連コラム

BACK 1 2 3 4
アンナ・シェルバコワ
坂本花織
樋口新葉
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後のコラム

ページトップ