スペインサッカー、美学と不条理BACK NUMBER

久保建英はレアルに爪痕を残せるか。
初真剣勝負、ボールさえ渡れば……。

posted2019/10/19 11:30

 
久保建英はレアルに爪痕を残せるか。初真剣勝負、ボールさえ渡れば……。<Number Web> photograph by Getty Images

アトレティコ・マドリー戦ではポスト直撃のシュートを放った久保建英。公式戦初ゴールがレアル相手なら、これほどまでに分かりやすいアピールはない。

text by

工藤拓

工藤拓Taku Kudo

PROFILE

photograph by

Getty Images

 代表ウィークによる中断期間を経て、欧州各国でリーグ戦が再開した。ラ・リーガでは19日に注目の2試合が行われる。

 1つは乾貴士のエイバル対バルセロナ、もう1つは久保建英のマジョルカ対レアル・マドリーである。

 8節を終えて2勝1分5敗の18位。昇格組マジョルカにとって7季ぶりとなる1部でのシーズンは、開幕前の予想通り苦しい戦いとなっている。

 総得点6はリーグ最低の数字ではないが、どの試合も作り出した決定機の数は片手にも満たない。しかも完封できたのは2試合のみとあっては、勝ち点1の確保すら難しいのも当然である。

 そのような状況下、これまで6試合に出場した久保は一度ならず光るプレーを見せてきた。

PK獲得、アシストで見せた才能。

 最初に才能の片鱗を見せたのはデビュー2戦目の第4節アスレティック・ビルバオ戦だ。

 途中出場で本拠地デビューを果たしたこの日、久保は後半35分にペナルティーエリア内右でパスを受けると、鋭いまたぎフェイントから縦に突破。反射的に足を出したユーリ・ベルチチェのファウルを誘い、PKを獲得する。

 このPKを味方FWが失敗し、試合は0-0の引き分けに終わったものの、久保自身は大きなインパクトを残すことに成功した。

 2-4で敗れた第5節ヘタフェ戦では、前半に2選手が相次いで負傷離脱する緊急事態を受け、前半19分に登場。0-3と引き離される劣勢の状況下、後半25分に左足のピンポイントクロスで初アシストを記録し、一時は2-3まで追い上げるきっかけを作った。

【次ページ】 アトレティコ相手に惜しい一撃。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

久保建英
マジョルカ
レアル・マドリー

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ