SCORE CARDBACK NUMBER

柴崎所属デポルが3部降格危機。
名門を縛るリーグ優勝の記憶。

posted2019/10/19 08:30

 
柴崎所属デポルが3部降格危機。名門を縛るリーグ優勝の記憶。<Number Web> photograph by Getty Images

開幕前に4年契約を結んだ柴崎。ダブルボランチの一角で主力となったが、チームの不調でスタメン落ちも経験。

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph by

Getty Images

 柴崎岳が所属するスペイン2部のデポルティーボが泥沼の状態に陥っている。第10節終了時点で9試合勝利から遠ざかっており、1988年以降初めて3部リーグ降格圏内にまで沈んでいるのだ。クラブはフアン・アントニオ・アンケラ監督を解任するもファンの失望は大きく、今季の昇格は不可能との声が圧倒的だ。

 ア・コルーニャの街を歩いていて耳にするのは厳しい批判ばかりだ。そもそもこの地の人々のプライドは非常に高い。20年前の栄光の記憶が今もしっかりと生き続けているからだ。'99-'00シーズン、デポルはクラブ史上初のリーグ優勝を成し遂げた。現チームの先発11人はわからずとも、当時の優勝メンバーならそらで言える人は多い。サッカーファンでなくとも栄光の記憶をありありと誇らしげに語り、言葉の端々にデポルはリーガのエリートなんだというプライドがのぞく。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 516文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

柴崎岳
デポルティーボ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ