松岡修造のパラリンピック一直線!BACK NUMBER

廣瀬悠・順子夫妻(パラ柔道)、
東京2020への思いと人生の夢を語る。 

text by

松岡修造

松岡修造Shuzo Matsuoka

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2019/10/14 08:00

廣瀬悠・順子夫妻(パラ柔道)、東京2020への思いと人生の夢を語る。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

いつも取材では「順子がリオで銅メダルを獲ったから、東京では銀メダルを獲って、それで僕が金を獲って夫婦の格差を埋める」と言っているという悠さん。

順子「悠さんだけが『もう負けて良いから』って」

順子「プレッシャーもですし、環境が変わりすぎて、柔道がしたくないと思ったまま試合に出てしまったんですね。応援してくれる人も増えたし、環境も良くはなったんですけど、それで自分が勝ちたいよりも、勝たなきゃいけないという風に考えすぎてしまって、開始30秒くらいで負けました」

「そこで順子に言ったんです。そんなに気を張らんでも、見てくれる人は見てくれるし、まずは自分が思う柔道をやっていこうと。そうしたら次の世界大会で初めて優勝したんですよ。世界選手権でも銀メダルを獲って……。すべてオレのおかげです(笑)」

松岡「頷いてますね、順子さん」

順子「優勝した世界大会も、周りがみんな『頑張って勝ってね』と言う中で、悠さん1人だけが『もう負けて良いから』って。そのひと言で気持ちがラクになって、リラックスして決勝戦に臨めました」

松岡「それは順子さんが絶対に諦めない人だからそう言ったんですか」

「決勝まで勝ち上がっているので、銀以上は確定じゃないですか。もしそこで金を獲ったら、『東京も金が狙える』という流れになって、プレッシャーがさらにきつくなる、と思ったんですね。だからわりと本気で『銀で良いぞ』って言いました」

松岡「その圧って応援なんでしょうけど、選手の方にとっては苦しいんですか」

順子「私は悠さんの考え方を取り入れているので、今は苦しくないです」

松岡「そうか……やっぱり2人の出会いはなくてはならない運命の出会いだったんですね。特に順子さんにとって、柔道ばかりでなく、考え方や人生観まで変えてくれたのが悠さんだったのかなと」

順子「昔の友だちに会うと、キャラが変わったねってよく言われます。高校生の頃までは人と話すのも苦手で、教室の隅で本を読んでいるような感じだったのが、今はよく喋るようになって、笑うようにもなったので」

松岡「これはひと言で言うのは難しいかもしれませんけど、順子さんにとって悠さんはどんな存在ですか」

順子「どんな存在。難しい……。でも、悠さんがいないと楽しくないですね」

「素晴らしい」

悠「なくてはならない人ですね」

松岡「いいなぁ。オレ、そんなこと言われたことないもんな。じゃあ、逆に聞きますよ。順子さんがとことん頑張る姿を見て、悠さんも影響を受けてきたはずです。2020年に向かっていく過程で、悠さんにとっての順子さんはどんな存在ですか」

「僕はどっちかというと練習をサボりたい方なんですけど、順子の練習に真っ直ぐなところとか、やり続ける姿とか、そういう大切さを教えてもらって、まさに僕のだらだらした面を補ってくれる存在なので、まあなくてはならない人ですね。どう?(と順子さんを見る)」

順子「ほんとにそう思ってるの?」

「もちろん。思ってなかったら、言葉には出ないよ」

松岡「うんうん、僕にはちゃんと伝わってきましたよ。今の話は本当にいいですね」

【次ページ】 松岡「(パラ柔道は)何が違うんですか?」

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
廣瀬悠
廣瀬順子
松岡修造
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ