松岡修造のパラリンピック一直線!BACK NUMBER

廣瀬悠・順子夫妻(パラ柔道)、
東京2020への思いと人生の夢を語る。 

text by

松岡修造

松岡修造Shuzo Matsuoka

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2019/10/14 08:00

廣瀬悠・順子夫妻(パラ柔道)、東京2020への思いと人生の夢を語る。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

いつも取材では「順子がリオで銅メダルを獲ったから、東京では銀メダルを獲って、それで僕が金を獲って夫婦の格差を埋める」と言っているという悠さん。

松岡「夫婦が互いの武器を取り入れて」

松岡「これはもう技勝負じゃないですね。すごい力! 僕は膝が悪いから、全然踏ん張れないけど、感覚で言うと、組みながら腕相撲をしているような感覚です。ここから順子さんのように『ストーン』になるには、何が必要なんですか?」

「それは企業秘密です」

松岡「その秘密は誰が考えたの?」

「僕です」

松岡「なんと! 素晴らしいじゃないですか! 順子さんは秘密を伝授されたときにどう思いましたか」

順子「最初はできなかったんですけど、練習中にいきなりわかって」

「防御を固めると、今度は技に入りにくくなるんですけど、順子は投げるのが上手いのでちゃんと攻められる。逆に僕は順子にそれを教わって、防御からいかに攻められるかを試行中です」

松岡「夫婦が互いの武器を取り入れて、過去の自分を超えていっているわけですね」

「そうです(笑)。防御重視だった自分を、攻撃重視に変えていってます」

松岡「さっき、集大成の2020年の東京で目標は4位って言ったじゃないですか。あれは自分にプレッシャーをかけないため?」

「いやもう、それくらいが自分の実力かなって」

松岡「でも、事前に読んだ資料では、『夫婦で金メダルが目標』と書いてましたよ」

「あれはね……『金メダル』と言わないとたいていの取材が終わらないから。よく言うのは、順子がリオで銅メダルを獲ったから、東京では銀メダルを獲って、それで僕が金を獲って夫婦の格差を埋めると(笑)。それがいつものオチなんですけど、今日はそういうありきたりのお話じゃなかったので、言わずにすみました(笑)」

松岡「大変なんだね……(笑)。僕はそういうプレッシャーはかけないですよ。金メダルを口にして、それが力になる選手は言えば良いし、プレッシャーになるなら言わない方が良い。おふたりは自然体がよく似合ってます」

「ありがとうございます。本番までにメンタル面でつぶれないように、でも、過去の自分には負けないように夫婦共々、これからも頑張っていきますね!」

 構成:小堀隆司

廣瀬順子(ひろせ・じゅんこ)

1990年10月12日、山口県生まれ。小学校で柔道をはじめ、高校時代にはインターハイに出場。大学1年の時に膠原病を患い視力が低下、一旦は柔道から離れるが、視覚障害者柔道に転向。2014年アジアパラ競技大会で銀メダル。
2015年に悠さんと結婚すると、2016年リオパラリンピックに出場し、女子57kg級で日本の女子選手として初の銅メダルを獲得した。2018年世界選手権で銀メダル。伊藤忠丸紅鉄鋼所属。

廣瀬悠(ひろせ・はるか)

1979年7月17日、愛媛県生まれ。小学校で柔道をはじめ、高校時代にはインターハイに出場。その後緑内障を患い、25歳で視覚障害者柔道を始める。2008年北京パラリンピックに出場し、男子100kg級で5位。
2015年に順子さんと結婚。2016年リオパラリンピックに出場し、男子90kg級9位。伊藤忠丸紅鉄鋼所属

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

廣瀬悠
廣瀬順子
松岡修造
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後のコラム

ページトップ