“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

山形でともに喜び、泣いた12年。
山田拓巳が願う「J1と新スタジアム」。

posted2019/10/12 09:00

 
山形でともに喜び、泣いた12年。山田拓巳が願う「J1と新スタジアム」。<Number Web> photograph by Takahito Ando

昨季から山形のキャプテンを務める山田拓巳。在籍12年目を迎える今季、悲願のJ1昇格を目指す。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 3つの目標がモンテディオ山形の山田拓巳を突き動かしている。

 現在、プレーオフ圏内の4位につける山形は、自動昇格圏の2位に位置する大宮アルディージャを勝ち点差2で追いかけている。そのチームでキャプテンを務める山田は、J2第35節ジェフユナイテッド千葉戦でも決勝弾を頭で叩き込み、4-1の快勝に大きく貢献した。

 山田は今季、3-4-2-1の左ウィングバックとしてレギュラーの座を掴み、開幕からリーグ戦全試合出場。先発から外れることもあったが、第27節のアルビレックス新潟戦以降は試合連続スタメンと、攻守にわたって重宝されている。

 決勝弾となったシーンは、自陣右サイドの相手スローインから始まった。

 左サイドにいた山田は相手のクロスボールを警戒して、いつでも自陣ゴール前に戻れるように、ペナルティーエリア近くにポジションを取っていた。だが、千葉CB増嶋竜也へ出たバックパスに対してFWジェフェルソン・バイアーノがプレスを仕掛けることを確認すると、山田は重心を前に置いた。

「バイアーノと相手DFとイーブンのボールだったので、前に出ようとしつつも、万が一相手ボールになっても戻れるように体の向きを作りました。そうしたらバイアーノにうまく収まってくれたので、それを見て動き出しました」

こぼれ球を逃さなかったキャプテン。

 バイアーノが増嶋より一瞬早くボールに触れて入れ替わり、右サイドでフリーになると、山田は猛然と左サイドをスプリント。バイアーノが中央へ斜めにドリブルを仕掛けると、並走していたFW山岸祐也と2人でスルーパスを受けられるポジションに到達した。

「ギシ(山岸)には『スルー! スルー!』と伝えていたんですけど、ギシがシュートを選択したので、すぐにこぼれ球を狙うように切り替えました」

 バイアーノのスルーパスを受けた山岸が放ったシュートは千葉GK佐藤優也にセーブされたが、その弾いたボールに飛び込んだのは最後までスピードを落とさなかった山田だった。

「もしギシがあそこでスルーをして自分のところにボールが来ていたら、ああなっていたかはわからない。こぼれを詰めるという自分らしさが出たのかな(笑)。あの形の方が僕はプレッシャーなく決めることができると思っています」

【次ページ】 若い選手が活躍できる環境を。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

モンテディオ山形
山田拓巳

Jリーグの前後のコラム

ページトップ