JリーグPRESSBACK NUMBER

ガンバの有望株を日本語で励ます、
アデミウソンは天才肌かつエエ奴。

posted2019/10/10 11:40

 
ガンバの有望株を日本語で励ます、アデミウソンは天才肌かつエエ奴。<Number Web> photograph by GAMBA OSAKA

世代別ブラジル代表にも名を連ねたアデミウソン。宇佐美貴史らとの連係でガンバらしい攻撃力をもっと見せてほしい。

text by

下薗昌記

下薗昌記Masaki Shimozono

PROFILE

photograph by

GAMBA OSAKA

 ガンバ大阪が北海道コンサドーレ札幌を2-1で振り切ったルヴァンカップの準決勝第1戦は、良くも悪くもアデミウソンらしさが発揮された一戦だった。

 5日前に行われたJリーグでも同じカードが実現したが、アデミウソンは1得点2アシストの大活躍。5-0という圧勝を牽引したプレーは、かつてU-21のブラジル代表で背番号10を担った男のそれだった。

 しかし、気まぐれなブラジルの天気同様、アデミウソンの出来は読みづらいのも事実である。

 ルヴァンカップの顔合わせでは開始早々の1分、倉田秋のパスに抜け出し、相手GK菅野孝憲の頭上を越すループシュート。しかしこの絶好の先制機で、シュートはゴールをとらえることはできなかった。

難しいゴールを決める一方で……。

 ブラジル屈指の名門、サンパウロの下部組織で育ったアデミウソンはサッカー王国の超エリートコースを歩んできた。

 名古屋グランパスのガブリエル・シャビエルや、かつて鹿島アントラーズでプレーしたカイオがサンパウロのトップチームにたどり着けなかったのとは対照的に、アデミウソンはサンパウロでプロデビュー。2013年にはクラブ史上最年少となる19歳でコパ・リベルタドーレスでゴールを決め、未だにその記録は破られていない。

 難易度の高いシュートをこともなげに決める一方で、イージーなはずのシュートをあっさりと外してしまうのは、逸材の悪癖の1つなのである。

 プレー面だけで判断するならば、ブラジル生まれの選手にありがちな「気まぐれなストライカー」とみられても仕方ないアデミウソンだが、実は一方で日本人顔負けの真面目さも持ち合わせている。

【次ページ】 「僕に高い投資をしてくれたのに」

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アデミウソン
ガンバ大阪

Jリーグの前後のコラム

ページトップ