SCORE CARDBACK NUMBER

監督交代劇に揺れる名古屋。
前政権の“資産”を生かせるか。
~風間政権が育てた攻撃力の行方~

posted2019/10/09 15:00

 
監督交代劇に揺れる名古屋。前政権の“資産”を生かせるか。~風間政権が育てた攻撃力の行方~<Number Web> photograph by KYODO

監督就任当日、初練習に臨むマッシモ・フィッカデンティ。就任直近15試合で1勝と苦しむチームの再建を担う。

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph by

KYODO

 災い転じて福となす――といくかどうか。先日、監督交代に踏み切った名古屋グランパスのことだ。

 2017年から指揮を執ってきた風間八宏を9月23日付けで解任。マッシモ・フィッカデンティを新監督に据えて、再出発を図ることになった。

 今季のすべり出しは上々だった。5月半ばの時点で7勝3分け2敗。攻守に相手を圧倒する見事な戦いぶりを含め、優勝争いに食い込めるだけの力を見せていた。

 ところが、松本山雅に0-1で敗れてから事態が暗転。一方的に攻め立てながら、肝心の決め手を欠き、あげく一瞬の隙を突かれて失点を重ねる悪循環に陥った。そこに主力の負傷離脱も重なり、松本戦以降の戦績は1勝4分け9敗。残留争いに巻き込まれ、ついにフロントが断を下した格好だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 530文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

秋競馬「ディープを超えろ」/ラグビー日本代表「撃破」

関連記事

名古屋グランパス
風間八宏
マッシモ・フィッカデンティ

Jリーグの前後の記事

ページトップ