酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

金田正一vs.長嶋・王のドラマ性。
初対決は三振の山、でもその後は。 

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/10/09 11:15

金田正一vs.長嶋・王のドラマ性。初対決は三振の山、でもその後は。<Number Web> photograph by Kyodo News

国鉄から巨人へと加入した金田正一(中央)。ONという偉大な打者と対戦して、そのすごさを実感したからこそ移籍を決断した。

年を重ねるごとに「お得意さん」に。

 しかし長嶋茂雄がただ者ではないのは、金田への苦手意識を克服し、逆に「お得意さん」へと変えたことだ。

<金田正一と長嶋茂雄の年度別対戦成績>
1958年
28打数5安打1本塁打4打点
打率.179

1959年
27打数9安打3本塁打5打点
打率.333

1960年
33打数13安打1本塁打5打点
打率.394

1961年
31打数11安打6本塁打8打点
打率.355

1962年
36打数9安打4本塁打5打点
打率.250

1963年
28打数7安打3本塁打5打点
打率.250

1964年
28打数12安打0本塁打3打点
打率.429

通算
211打数66安打18本塁打35打点
打率.313

 長嶋の生涯打率は.305だから、金田正一は最悪のデビューから転じて「好きな投手」になったわけだ。

王も初対戦で2三振を喫した。

 長嶋茂雄のプロ初対戦の投手は金田正一だった。では、王貞治は?

 実は、王もプロ入り初めての対戦投手が金田正一だった。

 長嶋入団の翌1959年の開幕戦、4月11日の後楽園球場の巨人−国鉄戦。先発した金田正一は、7番・一塁でプロデビューを果たした王貞治に、第1打席は1−2から空振り三振、第2打席は歩かせたものの、第3打席は三球三振と、またプロの洗礼を浴びせた。

 王貞治と金田正一は7歳差。高卒1年目の王に、金田は長嶋ほどのライバル心は抱かなかったと思うが、王貞治は格の違いを感じ「やられてもともとという感じ」とコメントしている。

【次ページ】 一本足打法を会得して以降は……。

BACK 1 2 3 4 NEXT
金田正一
長嶋茂雄
王貞治
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後の記事

ページトップ