月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

ラグビーW杯で沸き立つスポーツ紙。
奇跡報じるデイリーの一面には……。

posted2019/09/30 17:00

 
ラグビーW杯で沸き立つスポーツ紙。奇跡報じるデイリーの一面には……。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

アイルランド戦翌日はラグビー1色だったスポーツ各紙。その中で阪神・西の姿は際立っていた。

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph by

Sports Graphic Number

 ラグビーワールドカップで日本がアイルランドに勝利。

 4年前の南アフリカ戦のジャイアントキリングを思い出した。あの試合の見出しは壮観だった(2015年9月21日)。

「ラグビー日本 歴史的大事件」(日刊スポーツ)

「エディーJAPAN 日本スポーツ最大の番狂わせ」(スポーツ報知)

「日本大金星 ドロー捨て終了間際奇跡トライ」(サンケイスポーツ)

「ラグビー史に刻む世紀の逆転トライ エディーの奇跡」(スポーツニッポン)

 そして……。

「和田ズバリ!!猛虎8点圧勝」(デイリースポーツ)

 デイリースポーツは通常通りの阪神一面。当時の和田監督が主役だった。これぞスポーツ紙ダイバーシティ!

デイリーの一面は「西の執念」。

 今回のアイルランド戦の日、阪神は残り3戦全勝ならCS(クライマックスシリーズ)出場という状況。まず1つ勝った。ラグビーと阪神、翌日のスポーツ紙が楽しみで仕方なかった。

 すると、

「また世界に衝撃日本 奇跡じゃないこの強さ!!世界2位アイルランド撃破」(日刊スポーツ)

「福岡逆転トライ 大金星日本 奇跡越え」(スポーツ報知)

「列島揺れに揺れた!!日本大金星」(サンケイスポーツ)

「日本万歳 大金星やったぁ!!またやった!!まるで4年前!!福岡逆転トライ」(スポーツニッポン)

「世界に衝撃 日本 8強見えた!!」(東京中日スポーツ)

 各紙の興奮、お祭り騒ぎがわかる(9月29日)。

 そして注目のデイリースポーツは……

「CSへ マジック2 西の執念」

 阪神にFA移籍した投手では初めての10勝を達成した西勇輝投手が「当然の」一面。

 しかしこんなコピーも。

「奇跡の虎や!!奇跡のラグビーや!!」

 まさに奇跡の両論併記である。スポーツ紙の多種多様性を確認。

【次ページ】 CS効果で盛り上がる「ご当地」。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

阪神タイガース
西勇輝
ラグビーワールドカップ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ