酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

阿部慎之助が巨人と球界に刻んだ、
“打てる捕手”としての超人的成績。

posted2019/09/30 11:30

 
阿部慎之助が巨人と球界に刻んだ、“打てる捕手”としての超人的成績。<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

2012年、セ優勝の瞬間。400本塁打を達成し、首位打者も獲得。球史に残る捕手として阿部慎之助はバットとキャッチャーミットを置く。

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

Shigeki Yamamoto

 昔、豊臣秀吉が黒田官兵衛に「世の中で一番多いものは何じゃ?」と訊くと官兵衛は「人にございます」と答えた。秀吉が「では一番少ないものは?」と訊くと「やはり人にございます」と答えたという。

 なぞなぞのようだが、最初の「人」には(凡庸な)というカッコがつき、2つ目には(優秀な)がつく。

 もし「野球の中で多いものは……」と訊かれれば、筆者は「(貧打の)捕手にございます」と答える。一方で「では少ないものは?」と訊かれたなら「(強打の)捕手にございます」と答えるだろう。

 それくらい、いつの時代も、そして洋の東西を問わず野球界には「打撃の良い捕手」はめったにいない。

 捕手は投手に次ぐ運動量の多いポジションであり、攻守の要だ。

 150kmにも及ぶ、恐ろしいスピードの球を1試合に100球以上も受け止める。目の前ではむくつけき大男がバットを振り回している。一塁を見やれば走者が二塁をうかがっている。

 そんな激しい環境で、捕手は日々仕事をしている。やっとのことでスリーアウトを取ってベンチに戻り、気持ちを切り替えてバットを手にしてヒットや本塁打を狙うのは、常人ではできないことだと思う。

 このたび引退を表明した阿部慎之助は、そうした超人的な仕事をこなし、結果を出してきた。その功績は、日本プロ野球史に残る。

間違いなく巨人史上最強の捕手。

 データを出すまでもないのだが、阿部慎之助は巨人85年の歴史で間違いなく最強の捕手である。

<巨人の捕手としての記録3傑>
〇捕手出場試合数
1森昌彦 1833試合
2阿部慎之助 1666試合
3山倉和博 1253試合

〇安打数
(巨人の捕手として500試合以上出場。以下同じ)
1阿部慎之助 2131安打
2森昌彦 1341安打
3山倉和博 832安打

〇本塁打数
1阿部慎之助 405本塁打
2山倉和博 113本塁打
3村田真一 98本塁打

〇通算打率
1阿部慎之助 .284
2森昌彦 .236
3吉田孝司 .235

【次ページ】 歴代4番の成績と比べても遜色ない。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

阿部慎之助
読売ジャイアンツ
森友哉

プロ野球の前後のコラム

ページトップ