スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

アイルランドも日本も欺いた大勝利。
弱点すら伏線にしたジェイミーの策。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2019/09/30 11:50

アイルランドも日本も欺いた大勝利。弱点すら伏線にしたジェイミーの策。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

大勝利である。しかし、大会は終わっていない。まずはあと2戦、そして悲願の決勝トーナメントが見えてきた。

エディーのレガシーは生きていた。

 そしてもうひとつ、意外だったのは、日本のディフェンスが最後まで崩れなかったことだ。

 前半に献上したトライは、いずれも反則を犯してアドバンテージが生きている状態のもので、アイルランドは思い切ってパントを上げることが出来た。ジャパンの防御網は最後の最後まで綻びを見せることなく、守り切った。

 アイルランド対スコットランドの戦評を書いた時、私はアイルランドの15人がタックルしてもすぐに起き上がり、“30 feet on the ground”、30本の脚が常に立っているという表現を使った。

 この日、30本の脚が立っていたのは、日本だった。

 リーチが相手の足首にタックルに行く。

 トンプソンが、姫野が、相手のボールに絡む。

 まるで、南アフリカと戦ったあの日のように。

 ジェイミー・ジャパンになってから、これほどディフェンスが感動的だったことはない。レガシーは生きていた。

ジャパンの戦い方が一気に読めなくなった。

 試合後、ミックスゾーンでジャパンの選手たちは、みんないい顔をしていた。笑顔はほどほど。視線は次の戦いに向けられていた。

 3戦目の相手はサモア。そして運命の最終戦はスコットランド。

 今回、策士である一端を覗かせた首脳陣は、果たしてどんな筋書きを残る2戦に用意しているだろうか。

 このジャパン、俄然面白くなってきた。

関連記事

BACK 1 2 3
ジェイミー・ジョセフ
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ