スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

ラグビーW杯で期待する“番狂わせ”。
「4年前の日本」を再現するのは?

posted2019/09/19 17:00

 
ラグビーW杯で期待する“番狂わせ”。「4年前の日本」を再現するのは?<Number Web> photograph by Getty Images

アップセットを狙うフィジー代表。「フィジアン・マジック」はウェールズ、オーストラリアの2強の壁を打ち破れるか。

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph by

Getty Images

 アップセット。

 日本語でいえば、番狂わせ。

 ラグビーワールドカップ(W杯)のプールステージのなにが面白いかといえば、アップセットを目撃することに尽きる。

 4年前の9月19日、英国・ブライトンの地で日本が南アフリカを破った試合は、W杯史上最大の番狂わせだった。だからこそ、世界のラグビーファンを熱狂させ、後世に語り継がれる試合となったのだ。

 今回のW杯、アップセットの香りが漂っている。アジアで初めて行われる大会、なにが起きても不思議はない。

魅了する「フィジアン・マジック」。

 特に、台風の目になりそうなのが、プールDに属するフィジーだ。

 このプールは、今年に入って世界ランキング1位にもなったウェールズ、8月にオールブラックスを破ったオーストラリアが鉄板の2強とみられている。

 しかし、フィジーには彼らにしかない強みがある。

 それは観る者を魅了する「フィジアン・マジック」と呼ばれる華麗にして奔放なオープン攻撃だ。

 フィジーは2016年のリオデジャネイロ・オリンピックの7人制ラグビーで金メダルを獲得したように(同国にとってオリンピックで初めての金メダルとなった)、スペースが広い時の展開力は世界ナンバーワンといっていいだろう。

 しかし、悲しいことにこれまでW杯になってもベストメンバーを組むことができなかった。主力選手がフランスを中心としたヨーロッパのクラブに所属しているため、経済的にはフィジー代表よりもクラブに残ってプレーしていた方がいいからだ。

 ラグビー界に横たわる「南北格差」がここにある。

【次ページ】 史上最強のフィジーが挑むのは……。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ラグビーの前後のコラム

ページトップ