フランス・フットボール通信BACK NUMBER

クラブ改革にビラスボアス就任も、
マルセイユを包む無関心の正体。 

text by

パトリック・ソウデン

パトリック・ソウデンPatrick Sowden

PROFILE

photograph byNicolas Luttiau/L'Equipe

posted2019/09/12 11:00

クラブ改革にビラスボアス就任も、マルセイユを包む無関心の正体。<Number Web> photograph by Nicolas Luttiau/L'Equipe

マルセイユを指導するビラス・ボアス。酒井宏樹も在籍するフランスの名門で、指揮官は巻き返しに燃えている。

OBを起用せず凋落に抵抗できるか。

 だが、パリSGがレオナルドをGMとして復帰させたことや、またリヨンやレアル、ユーベ、バイエルン、バルサがかつての選手たちをフロントに迎え入れて成功したのとは異なり、今のOMにはクラブOBを起用する意思はない。

 それでもOMは、たとえ瀕死の状態に陥っても名門のステイタスを維持し、凋落に抵抗する力を持つことを示そうとするだろう。

「あれほど様々な過ちを犯しながら、それなりの選手たちが厳しい財政状況とベロドロームに罵声が渦巻く中、昨シーズンはリーグを5位で終えた。15位じゃないんだ」とクルビスは述べる。

「数人の補強と新監督の新しいメッセージ。覚醒する中心選手たち……。勝ち点を積み上げてトップ3に入れないと誰が言いきれるのか? 可能性があるからこそサッカーは素晴らしいんじゃないか!」

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
マルセイユ
アンドレ・ビアス・ボアス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ